Fandom


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

類似した名称の記事はロザルの任務を参照

1 BBY反乱同盟に属すスペクターズのメンバーが惑星ロザルマイニング・ギルド所有のクローラー413-24奪取した。当時ロザルは銀河帝国によって厳重に封鎖されており、同盟軍最高司令部に連絡を取るためにはクローラーの長距離トランスミッターが必要だったのである。もともとTIEディフェンダー・エリートに関する情報収集任務のためロザルに潜入したスペクターズは、この新型戦闘機フライト・データ・レコーダーを入手することに成功し、ヘラ・シンドゥーラチョッパーが2人だけでロザルから脱出して司令部にレコーダーを届けた。エズラ・ブリッジャーはヘラが攻撃部隊を率いて戻ってくるはずだと信じ、ロザル抵抗勢力と司令部の通信回線を開いておく必要があると考えた。その時、彼らは新基地の近くでクローラー413-24を発見する。

エズラ、サビーヌ・レンケイナン・ジャラスガラゼブ・オレリオスはクローラーに乗り込んでトランドーシャンキャプテンシーヴォアを取り押さえた。エズラはシーヴォアの声真似をして本部に異常なしと報告し、ケイナンとゼブは反応炉区画の調査、サビーヌは長距離トランスミッターのセットアップに取りかかる。ケイナンとゼブは知り合いの犯罪王シカトロ・ヴィザーゴを含む数名の市民がクローラーで奴隷として働かされているのを発見した。ゼブはギルドの監督者プローチ格闘戦で辛くも破り、奴隷たちを解放した。それからしばらくして、エズラの報告を不審に思った銀河帝国の2隻のパトロール・トランスポートがクローラーの調査にやってきた。

ゼブが監督者、ヴィザーゴがキャプテンのふりをし、反乱者たちはクローラーが問題なく稼働中であるかのように誤魔化した。彼らは帝国による調査をやり過ごしたが、クローゼットに閉じ込めておいたはずのシーヴォアが換気口を通じてコックピットから脱出してしまった。サビーヌはシーヴォアが反応炉をシャットダウンしたせいでトランスミッターが使えなくなっていることに気づく。トランドーシャンが反応炉区画のドアに磁気シールを施したため、エズラが1人で通気口を通ってキャプテンとの直接対決に出向いた。シーヴォアは接近戦で優位に立ったものの、エズラが落としたライトセーバーにつまずき、溶鉱炉に落ちて死亡した。その後、反乱者たちはヘラや司令部との通信に成功し、TIEディフェンダー工場を破壊するため同盟軍司令部がロザル攻撃作戦の実行を決断したことを知らされた。

登場エピソード

参考資料

初期反乱運動
銀河系のタイムライン

前:クローン戦争

同時期:ジェダイの粛清 · ジェダの反乱 · マンダロリアン内戦 · ライロスの反乱

次:銀河内戦

銀河帝国に対する初期反乱運動の戦い
18 BBY ラーダ
5 BBY 帝国尋問ドロイド破壊任務 · 帝国補給船団の襲撃 · ロザル飛行場
キャピタル・シティ · ケッセル · ガレル・シティ宇宙港 · コザル
スティジョン・プライム · ロザル・アカデミー · 輸送船団
4 BBY カラー · ラーン · シーボ · 旧共和国元老院ビル · ジャラース
帝国通信センター · ムスタファー · シールド発生装置強奪任務
ロザル包囲戦 ロザルの任務 · フェニックス戦隊 (I) · シーロス
アブサンズ · アイバー · スラッド · ガレル(I) · インターディクター
3 BBY フェニックス戦隊(II) · インヴァー · ガレル(II) · ロザル補給基地
コンコード・ドーン(I) (II) · リラ・サン · ガス精製所
ライロス(I) · 帝国建造モジュール · フェニックス戦隊(III)
2 BBY ナラカ · ヤルマ · テラロフ · モントロス · ライロス(II) · アガマー
コンコード・ドーン(III) · マイカポ · ロザル(II) · ジオノーシス · チョッパー基地
クローネスト · キメラ · アーキオン星雲 · キルン・ステーション · アトロン
1 BBY マンダロア · ジェリンディ · フェイオス・ステーション · ロザル(III) (IV) (V)
ロザル・ジェダイ・テンプル · ロザル(VI)
0 BBY ウォバニ · カフリーンの環 · フラクチャー作戦 (ジェダ(I) (II) · イードゥー)
関連記事
銀河帝国 · ジェダイ · 反乱同盟 · シス
  [Source]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。