Fandom


クローン・スカウト・トルーパー(Clone scout trooper)は偵察任務を専門とするクローン・トルーパーである。クローン戦争中、クローン・スカウト・トルーパー共和国グランド・アーミーの偵察兵として活躍し、戦争の終盤にキャッシークの戦いを始めとする戦闘に参加した。

歴史

クローン戦争

SwampTroopers-RotS-DB

クローン・スカウト・トルーパー

クローン戦争の終盤、グランド・マスターヨーダジェダイ将軍ルミナーラ・アンドゥリクローン・コマンダーグリーらが指揮する第41精鋭兵団惑星キャッシーククローン・スカウト・トルーパーを配備した。キャッシークの戦いのさなか、クローン・スカウト・トルーパーは分離主義勢力バトル・ドロイドと戦うウーキーを援護した。連合軍沿岸部に侵攻した際、スカウト・トルーパーは兵団の他の兵士とともにキャッシークの首都カチーホを防衛した。トルーパーとウーキーは塹壕やバリケードを駆使しながらドロイドに抵抗し、一部のスカウト・トルーパーはツリー・カチーホから狙撃を行った。戦闘中、コマンダー・グリーはシーヴ・パルパティーン最高議長からオーダー66の執行を命じられ、部下のクローン・スカウト・トルーパーとともにヨーダの暗殺を試みた。しかしこのジェダイ・マスターフォース乱れを察知し、背後から近づいてきたクローンたちを返り討ちにした。[5]

帝国時代

銀河帝国設立に伴い、クローン・トルーパーは新設された帝国軍ストームトルーパー兵団の戦力となり、クローン・スカウト・トルーパーも帝国のスカウト・トルーパーに生まれ変わった。この新世代の偵察兵はエンドアの戦いを始めとする銀河内戦の戦闘で活躍した。

装備

偵察任務の訓練を受けていたクローン・スカウト・トルーパーは、軽量型のクローン・トルーパー・アーマーを身に着けていた。彼らのアーマーは帝国軍のスカウト・トルーパーが身につけていたものとよく似ていた。[1] また、キャッシークに派遣されたクローン・スカウト・トルーパーの装甲服は、第41精鋭兵団の他の兵士と同じく迷彩模様のカラーリングが施されていた。[5]

登場エピソード

参考資料

脚注

共和国軍
グランド・アーミー 第7空挺兵団 - 第41精鋭兵団 - 第91機動偵察兵団 - 第327星間兵団 - 第224師団 - 第104大隊 - 第212突撃大隊 - 第501軍団 - ゴースト中隊 - グリーン中隊 - トレント中隊 - タンゴ中隊 - ウルフパック - クローン・フォース99 - デルタ分隊
宇宙軍 オープン・サークル艦隊 - コルサント本国防衛艦隊 - ブルー中隊 - ゴールド中隊 - シャドウ中隊 - クローン・フライト7
スターシップ ヴェネター級スター・デストロイヤー - アクラメイター級アサルト・シップ - リパブリック・フリゲート - ペルタ級フリゲート - アークワイテンズ級軽クルーザー - CR90コルベット - イータ級シャトル - T-6シャトル - ニュー級アタック・シャトル - シータ級T-2cシャトル - Vウイング - ARC-170 - クローンZ-95 - V-19トレント - BTL-B Yウイング - デルタ7 - デルタ7B - イータ2
ビークル AT-TE - AT-OT - AT-RT - AT-AP - AV-7対ビークル砲 - BARCスピーダー - HAVw A6ジャガーノート - ISPスピーダー - RX-200 - SPHA-T - LAAT/i - LAAT/c
クローン・トルーパー マーシャル・コマンダー - コマンダー - キャプテン - ルテナント - サージェント - ARC - ARF - BARC - コマンドー - ショック・トルーパー - スキューバ・トルーパー - ナビゲーション・オフィサー - パイロット - フレイムトルーパー - メディック - ライオット・トルーパー - 特殊作戦部隊
[テンプレート]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。