Fandom


SWResistanceLogo

ネタバレの予感がする…

※ネタバレ注意:このページは『スター・ウォーズ レジスタンス』のネタバレ情報を含みます。

グリフ・ハロラン(Griff Halloran)は人間男性で、新共和国時代にエース中隊に所属したパイロットである。コロッサス燃料ステーションの防衛中隊の一員になる以前のハロランの経歴は謎に包まれていた。ハロランは改造されたTIEファイター・パイロットのユニフォームを着用し、両腕には銀河帝国の紋章のタトゥーを入れていたが、彼が本当に帝国宇宙軍のベテラン・パイロットだったのか、それとも競争相手を怖気づかせるために銀河帝国の威光を借りているだけなのかははっきりしていない。

中隊に所属する他のエースたちと同じくハロランも一流のパイロットで、自分の個性に合わせたスターファイターを所有していた。<ブラック・エース>は広範囲な改造が施されたTIE/ln制宙スターファイターであり、ハロランはこのレーサーを独特かつ脅威的なマシーンに仕上げて実力を誇示するため、自らの手で改造箇所を設計していた。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。