Fandom


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
《どこかへお出かけか、ソロ?》
―グリード[出典]

グリード(Greedo)はローディアン男性で、惑星タトゥイーンの街モス・エスパで育った賞金稼ぎ。幼い頃、グリードはブーンタ・イヴ・クラシックポッドレースに優勝したアナキン・スカイウォーカー少年に言い掛かりをつけ、喧嘩になった。クローン戦争中、グリードはジャバ・ザ・ハットのために働く賞金稼ぎとして活動した。彼はトレード・フェデレーションに雇われ、パントラン議会を率いるパパノイダ書記官の娘、チー・エクウェイチェ・アマンウェを誘拐して一躍名前を売った。しかし、彼はパパノイダとその息子アイオンに追い詰められ、ジャバのもとへ引き立てられた。帝国時代、グリードはジャバが密輸業者ハン・ソロの首に懸けた賞金を狙い、モス・アイズリーカンティーナでソロを見つけたが、返り討ちにされた。

登場エピソード

参考資料

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。