Fandom


グレイラ・スティンディ(Grayla Stindy)は34 ABY頃に惑星カントニカ都市カント・バイトを訪れていたエイリアンである。カント・バイト滞在中、スティンディはアベドネドの連れと一緒にカント・カジノのエントランスを歩いた。スティンディはと白い肌を持つヒューマノイド種族で、顔の両側に大きなヒレのようなものがあった。カント・バイト滞在中、スティンディは白いコートパンツベルトブーツを身に着けていた。[1]

制作の舞台裏

グレイラ・スティンディは2018年の映画『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』のために制作されたが[1]、本編からはカットされている。[2] しかしスティンディは映画公開日に発売された子供向けのアクティビティ・ブック『Star Wars: The Last Jedi Activity Book with Stickers』に登場し[3]2018年には『Star Wars: The Last Jedi The Official Movie Companion』で名前が紹介された。[1] スティンディのコンセプト・アートはクリーチャー・コンセプト・デザイナーのティム・ナッパーによって制作された。[4]

『最後のジェダイ』のブルーレイ特典に収録されている「未公開シーン」では、2箇所でスティンディの姿が確認できる。最初のシーンで、スティンディはアベドネドの連れと一緒に、さまざまなスピーダーが行き来するカント・カジノのエントランスを歩いている。またスティンディはファジアーの群れがカジノから飛び出すシーンで、再びアベドネドとともにエントランスに居合わせ、恐怖をあらわにして逃げようとする。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。