Fandom


「金を借りたいんだね。ラスターの件は聞いた。プラーナ王はご不興だ」
ハン・ソロに対し、マズ・カナタ[出典]

グレヴォス・プラーナ9世(Grevoth Prana IX)は危険で珍しいクリーチャーの収集家として知られたである。モルリージ星系ソルカルヴィス摂政とは、動物園のコレクションをめぐってライバル関係にあった。

経歴

珍しい生き物の収集家だったプラーナは、モルリージ星系ソルカルヴィス摂政と長年のライバル関係にあった。彼らは互いに私設動物園を所有しており、貴重なクリーチャーのコレクションを競い合っていた。冷戦の時代、プラーナはソルカルヴィスの宮廷にスパイを放ち、ライバルが猛獣ラスターを所有していないことを知った。周りにもラスターの飼育者は1人もおらず、プラーナはこの猛獣を生け捕りにした者には多額の報酬を支払うと宣言する。仕事に名乗りを上げた密輸業者ハン・ソロは、狩りにかかる費用をカンジクラブグアヴィアン・デス・ギャングから前借りし、3匹のラスターを捕まえることに成功した。しかし、彼はギャングとのトラブルでラスターを失い、プラーナ王を失望させた。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。