Wookieepedia
Advertisement

グレート・チョット塩類平原(Great Chott salt flat)はアウター・リム・テリトリー砂漠惑星タトゥイーンに存在した平原である。ジャンドランド荒野の南端に広がっていた。ルーク・スカイウォーカーの実家であるラーズ農場をはじめ、グレート・チョット塩類平原には複数の水分農家によるコミュニティが形成されていた。

特徴

グレート・チョット塩類平原(ソルト・フラット)は惑星タトゥイーンジャンドランド荒野の南部に位置する平原である。塩類平原はかつてタトゥイーンに存在した広大なの名残で、乾ききった高密度の粘土の大地が広がり、西部デューン・シーからナトリウムを豊富に含んだ砂が吹き付けていた。[1]

歴史

グレート・チョット塩類平原には、この平原で農場を経営する水分農夫たちのコミュニティがあった。クリーグ・ラーズは塩類平原の開拓者の1人で、のちに彼の息子オーウェンやその嫁ベルーに受け継がれるラーズ農場を設立した。また、塩類平原にはアンカーヘッドと呼ばれる小さな町や、エネルギー補給所トシ・ステーションがあった。ジャワ廃品回収業者サンドクローラーに乗って頻繁に塩類平原の農場を訪れ、農夫たちにジャンク品を売りつけようとした。[1]

0 BBYラーズ家がジャワから反乱同盟軍ドロイドR2-D2C-3POを購入したことが原因となり、塩類平原が銀河帝国の注意を引くことになった。帝国軍ストームトルーパー部隊は超兵器デス・スター設計図を取り戻すためラーズ農場を訪れたが、ドロイドは既に姿を消していた。彼らは農場の主であるオーウェンとベルー夫妻を殺害し、塩類平原を後にする。[2]

登場作品

参考資料

脚注

Advertisement