Fandom


《ケイダ、お前の父はこんなことをさせるためにお前を育てたのではない》
ニーゴ・ルーラン[出典]

ケイダ・ジャール(Kada Jahr)はデヴァロニアン女性で、惑星タトゥイーン犯罪王ジャバ・ザ・ハットの保安主任。有名な傭兵アラン・ジャールの娘であることや、裏社会に生きる密輸業者傭兵の情報網との繋がりを買われ、ジャバに雇われていた。父親の謎の死は、ケイダ・ジャールが裏社会に足を踏み入れたきっかけのひとつだった。銀河内戦当時、傭兵の連絡員や保安の専門家としてまだ日が浅かったジャールは、銀河各地の主な密輸業者に名が知られていなかった。[1]ヤヴィンの戦いの後、ジャールは父親の過去を知る男ニーゴ・ルーランと出会う。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。