Fandom


ケイドー・オクォーネ(Kado Oquoné)は人間男性で、共和国再建のための同盟艦隊に仕えた将校である。銀河内戦期、彼はスフィルナ級コルベットライトメイカー>の艦長を務めていた。0 BBY、オクォーネはラダス提督率いる艦隊の一員として、スカリフの戦いに参加した。

戦闘中、惑星スカリフの地上にいるローグ・ワン分隊からデス・スター設計図のデータを受け取るには、軌道シールド・ゲートを破壊する必要があると判明した。ラダスの作戦に従い、オクォーネは機能を停止した敵スター・デストロイヤーに<ライトメイカー>を突進させ、近くにいた別のスター・デストロイヤーと衝突させた。制御を失った2隻の軍艦はそのままシールド・ゲートとぶつかり、惑星を包む偏向シールドを消滅させた。オクォーネはこの作戦で破壊された<ライトメイカー>と運命を共にしたが、彼の犠牲は反乱軍の勝利に大きく貢献した。

登場エピソード

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。