Fandom


ケッセルの強奪作戦(Raid on Kessel)は10 BBYトバイアス・ベケット率いるギャング団が犯罪組織クリムゾン・ドーンのために行った任務である。ヴァンドアコアクシウム強奪に失敗したベケットは、クリムゾン・ドーンの首領ドライデン・ヴォスへの埋め合わせのため、パイク・シンジケートの管理下にあるケッセルのスパイス鉱山から未精製コアクシウムを手に入れることになった。この任務にはベケットの仲間のハン・ソロチューバッカに加え、ヴォスの副官を務めるキーラYT-1300軽貨物船ミレニアム・ファルコン>の所有者であるランド・カルリジアンL3-37も同行した。彼らはL3-37を失ったものの、目的のハイパー燃料を手に入れてケッセルから脱出した。惑星上空で遭遇した帝国宇宙軍から逃げる際、ハンの操縦する<ファルコン>はアカディーズ・メイルストロムモー密集地帯を通過する危険なショートカットを行い、ケッセル・ランを12パーセク未満で飛行するという偉業を成し遂げた。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。