Wookieepedia
Advertisement

ケドピン・ショクロップ(Kedpin Shoklop)はワーマル男性で、ヴェイポーテック社のセールスマンである。彼は会社の“年間優秀セールスマン”になるため身を粉にして働いたが、100以上かかってもその夢が実現することはなかった。最終的にショクロップは優秀賞に選ばれるのは上役や特別に気に入られた社員だけであると知り、コンピューターをハッキングして自分がその年の優秀賞に選ばれるよう細工した。上役たちはショクロップの細工に気づいたが、もとから不正があったことを隠すためだんまりを決め込み、ショクロップは無事に惑星カントニカで2週間のバケーションを堪能する権利を得た。しかし礼儀正しく馬鹿正直な性格のショクロップはカジノ都市カント・バイトで詐欺師たちの格好の標的になった。荷物や金を騙し取られた後、ショクロップはようやくゾードのスパで一息つくことができた。

バケーションの途中、ケドピンはまたしても詐欺に遭いそうになっていたところをアングラン・リーヘットという名のカスケイダッグに救われた。ケドピンはアングランの善意に感激し、彼と一緒にバーで酒を飲んだ。ところがアングランはケドピンの酒に起爆装置を仕込み、彼を罠にかけてカント・バイト警察に突き出した。アングランは腐敗したブローグ警官を暗殺するため、ケドピンを生きた爆弾として利用するつもりだったのである。ケドピンは逮捕され、無実であるにも関わらずブローグから理不尽な取り調べを受けた。しかし結局アングランは暗殺計画を実行せず、ケドピンを釈放するため警察本部に戻った。その帰り道、アングランが仕事を放棄したことに腹を立てた犯罪組織オールド・シティ・ボーイズのメンバーが2人を取り囲んだ。ケドピンは一度は自分を殺そうとしたアングランのために命がけで犯罪者たちに挑み、アングランが劣勢を覆すチャンスを作った。アングランはギャングたちを倒し、奪った金をケドピンと分け合った。

その後ケドピンはアングランとともにバケーションを楽しみ、夢であったファジアーのレースの生観戦も経験することができた。彼は競馬で1年分の給料に相当する金を稼ぎ、高価なナイトクラブで祝杯を挙げた。その際、ケドピンは釈放を手伝ってくれたお礼と、ギャングから奪った金の精算を兼ね、競馬の儲けの半分をアングランに贈った。

登場作品

参考資料

脚注

他言語版
Advertisement