Fandom


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

ケルミアン(Quermian)は細長い首が特徴的な惑星ケルミア出身のヒューマノイド知覚種族である。彼らは2つのを持っており、ひとつは頭部に、もうひとつは胸の中にあった。また、彼らの腕は4本あった。トレード・フェデレーションによるナブー侵略事件が起きた時、ジェダイ・オーダーには4人のケルミアンが所属しており、そのうちの1人はジェダイ最高評議会メンバーのマスターヤレアル・プーフだった。

生態と特徴

ケルミアンは華奢な体格のヒューマノイド知覚種族で、白い肌に赤いを持ち、細長い首の上に丸くふくらんだ頭がついていた。ケルミアンの口は小さく、髪の毛も生えていなかったため、頭部の特徴は少なかった。彼らには鼻が無く、代わりに嗅腺で匂いを嗅いだ。ケルミアンは2つのを持ち、ひとつは頭に、もうひとつは胸にあった。ケルミアンは脊柱を持たず、平均身長は他の大半のヒューマノイド種族より3フィート以上も高く、そびえたつような威容で知られた。ケルミアンは2組の腕を持ち、手の平には細長い指が生えていた。また、2本の脚の先に生えた指は比較的太くて大きかった。

社会と文化

ジェダイ・マスターヤレアル・プーフをはじめとするケルミアンは、2組目の腕を衣類の下に隠すことを好んだ。また、彼らにはカノム・カラーと呼ばれる伝統的な衣類があった。

銀河系におけるケルミアン

ケルミアンは惑星ケルミアに起源を持つ種族だった。トレード・フェデレーションによるナブー侵略事件が起きた当時、ジェダイ・オーダーにはケルミアンのジェダイが4人在籍していた。そのうちの最年長者は、ジェダイ最高評議会の評議員を務めたジェダイ・マスター・ヤレアル・プーフだった。プーフは優れた外交官教師として知られ、ジェダイのマインド・トリックや幻惑の術に熟練していた。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。