「ザーペン社にとっては、とても残念な出来事だ――共和国が分離主義勢力の研究者を二人、誘拐したのだからな。だが、彼らの解放、そしてアーソ博士とその家族の解放を仲介できるのは、よろこばしい。こんなひどい扱いを受け、ましてや投獄されるなど、あってはならないことだった」
―ザーペン社の代表に扮したオーソン・クレニック[出典]

ゲイレン・アーソの救出(Rescue of Galen Erso)は、クローン戦争中の21 BBY銀河共和国オーソン・クレニック少佐が遂行した作戦である。当時、ザーペン・インダストリーズ社に所属するゲイレン・アーソ博士とその一家は、独立星系連合支持者のヴァルティ政権によって惑星ヴァルトタンボラー監獄に監禁されていた。クレニックは共和国のマス・アミダ副議長と対面し、カイバー・クリスタル研究の第一人者であるゲイレンが機動性バトル・ステーションの開発に必要不可欠だと主張し、彼の救出作戦を敢行した。

クレニックとマテーゼ率いる共和国情報部の諜報チームは、ドレッセリアン密輸業者ハズ・オビットの宇宙船で分離主義勢力支配下の惑星マージ潜入し、モアシーリアンの科学者3名を誘拐した。その後、クレニックはザーペン・インダストリーズ社の代表に扮してヴァルトを訪れ、共和国と独立星系連合の人質交換の仲裁役を演じた。クレニックはヴァルティのグラッペ族長を欺き、モアシーリアンと交換でアーソ家を解放した。間もなく分離主義勢力の軍艦がヴァルトに駆けつけたが、クレニックはあらかじめ予定していた通りヴァルトへの攻撃を開始させ、自身はゲイレンたちを乗せた貨物船で逃げおおせた。

登場エピソード

参考資料

クローン戦争
銀河系のタイムライン

前:分離主義危機

次:ジェダイの粛清 · 初期反乱運動

クローン戦争の戦い
22 BBY ジオノーシス · ヒスリック · アンター4 · 共和国兵員輸送船 · コーヴェア宙域 · クドIII · クリストフシス(I) · テス(I) · ジャバの宮殿(I) · ズィロの宮殿 · アーゴナー · ライロス · ルゴサ · マレヴォランス戦役アブレガド · リンデリア星系 · カリーダ星雲(I) (II)· ミンバン · リシ・ムーン · ファリーン · ボサウイ · 外回廊 · スカイトップ・ステーション · ローディア(I) · トランクィリティ · ヴァセック3 · ヴァンコア(I) · フローラム(I) · クエル · マリダン · オルトー・プルトニア
21 BBY ナブー研究所 · フェルーシア(I) · デヴァロン(I) · フェルーシア医療ステーション · マラステア · ケイト・ニモーディア(I) · マーカナ · ドーリン · ジオノーシス(II) · ステッドファスト · マージ · ヴァルト · グレインジ · サルーカマイ(I) · 共和国クルーザー · コロネット · コルサント(I) · カミーノ · パントラ · 元老院人質事件 · テス(II) · コルサント中央送電網 · 連合市民への攻撃
20 BBY サラスト · デヴァロン(II) · トイダリア · ローラ・サユー · フェルーシア(II) · モン・カラ · ナブー(II) · パティタイト・パトゥーナ · アディ・ガリアの救出 · アンバラ · キロス · シード · オンダロン · ケノービ艦隊 · フローラム(III) · オート=オー · アバファー · カリダ
19 BBY
アウター・リム包囲作戦
ケイト・ニモーディア(II) · リンゴ・ヴィンダ · バトゥー · モキヴジ · スキピオ · ウータパウ(I) · マラニー · ラクサス · ハルウン・コル · ヴィズラ・キープ09 · クインラン・ヴォスの救出 · クリストフシス(II) · ジェダイ・テンプル · アナクセス · スカコ・マイナー · カルドア · マイギートー戦役第三次 · 第四次· ロコリ · ジオノーシス(III) · コルサント(II) · サルーカマイ(II) · ブラッカ · キャッシーク · ウータパウ(II) · フェルーシア(III) · カラー · ムスタファー(III)
その他 アガマー · アーカックス・ステーション · ブレイ · クラブロン · コーム · レディヴ · セドラティス · スラグ・ピット
関連記事
銀河共和国 · ジェダイ・オーダー · シス · 独立星系連合

銀河帝国 · オルデラン難民会議 · 連合=共和国和平交渉案
連合=共和国和平会談 · 共和国戦略会議 · シャドウ・コレクティヴ

  [Source]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。