ココ・タウン(CoCo Town)は惑星コルサントの荒廃した工業エリアである。主に忙しい労働者たちが暮らす街で、銀河共和国時代末期にはベサリスクデクスター・ジェットスターが経営する食堂デックス・ダイナーがあった。ココ・タウンは地表に面した階層に位置し、他の重工業地帯と同様に荒れ果ててはいたものの、道路やスピーダーレーン、シャトル・バスの道は比較的整備されていた。

銀河内戦の末期、銀河帝国新共和国はココ・タウンの支配権をめぐって争った。この地域出身の孤児たちはアンクルバイター・ブリゲードと呼ばれるグループを形成し、新共和国と並んで戦った。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。