Fandom


コッパーグリン(Coppergrin)[1]惑星オク=トー[3]コレリアに棲息したスケールフィン・フィッシュである。このは黒いを持ち、体は銅だった。コレリアンの漁師はコッパーグリンをはじめとする魚類を捕まえ、コロネット・シティの魚市場で販売していた。[1] また、オク=トーのテンプル・アイランドに住むラナイもコッパーグリンの漁を行っていた。[2] 34 ABY、テンプル・アイランドを訪れたレイジェダイの村ブラスターを暴発させた時、ケアテイカーの作業台の近くにある乾燥用の台座に、4匹のコッパーグリンが吊るされていた。[3]

制作の舞台裏

コッパーグリンは2017年公開の映画『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』で初登場を果たし、2018年には映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で同じプロップが再利用された。『最後のジェダイ』に登場した時は名前が無かったが、設定資料集『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オフィシャルガイド』(パブロ・ヒダルゴ著)で初めてコッパーグリンという名がつけられた。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。