Fandom


「きみの信仰の欠如は不愉快だ」
ダース・ヴェイダー[出典]

コナン・アントニオ・モッティ(Conan Antonio Motti )は惑星セスウェナ出身の人間男性で、銀河帝国宇宙軍に仕えた提督である。銀河内戦中、デス・スターバトル・ステーションに乗り込んでいた。モッティはこの宇宙ステーションが無敵だと信じており、共和国再建のための同盟がデス・スターの脅威になることなどあり得ないと考えていた。ヤヴィンの戦いの直前にデス・スターで会議が開かれた際、モッティ提督は反乱軍の秘密基地のありかを突き止めることに失敗していたシスの暗黒卿ダース・ヴェイダーを大っぴらに侮辱し、フォースの力を軽視する発言をした。怒ったヴェイダーは、フォースでモッティの首を絞めたが、グランドモフウィルハフ・ターキンに制止され、提督を解放した。その後、デス・スターの設計図を分析した反乱軍は、このステーションの弱点を見つけ出すことに成功した。彼らはこの発見を利用してヤヴィンの戦いに勝利し、モッティ提督はデス・スターが破壊された際に命を落とした。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。