Wookieepedia
Advertisement
この記事はレジスタンスの部隊を扱っています。お探しの記事は反乱同盟コバルト・グループかもしれません。

コバルト中隊(Cobalt Squadron)は6機のMG-100スターフォートレスSF-17によって構成されるレジスタンスボマー中隊である。カサンダー宙域における海賊討伐任務や、ファブリンおよびナンスリ・トレード・ルートにおける防衛任務、アッテラ戦役などで活躍した。母艦は<ニンカ>。34 ABY、コバルト中隊はアッテラ星系へ派遣されていたためスターキラー基地の戦いに参加できなかったが、ディカー撤退に参加するため急遽帰還し、ファースト・オーダーの軍艦<フルミナトリックス>との戦いで全滅した。

概要

コバルト中隊のボマー

コバルト中隊やクリムゾン中隊といったレジスタンススターフォートレス部隊は、マーティグレードの“老婦人”ことフォッシルに率いられた。コバルト中隊には飛行エンジニアキャットパイロットフィンチ・ダロウ爆撃手ニックス・ジャード砲手スペニーペイジ・ティコ、メカニックのローズ・ティコといった隊員が在籍していた。[2]

RZ-2 Aウイングのパイロットであるロビー・タイスもコバルト中隊に所属していた。[7] またエロー・アスティT-70 Xウイング・スターファイターでコバルト中隊のエスコート・パイロットをしていたことがあったが、のちにブルー中隊に異動した。[4] そのためアスティのフライト・ヘルメットの側部にはコバルト中隊のロゴマークが描かれていた。コバルト中隊のロゴは赤と黄色のバージョンと[8]、青と赤のバージョンがあった。[7]

歴史

34 ABY、コバルト中隊とクリムゾン中隊はディカーの戦いに参加し、撤退中のレジスタンス宇宙軍を防衛するため、惑星ディカー軌道ファースト・オーダー宇宙軍と戦った。彼らはポー・ダメロン中佐の作戦に従い、ファースト・オーダーのマンデイターIV級シージ・ドレッドノートフルミナトリックス>への爆撃を試みたが、接近過程で大半のボマーが撃墜されてしまった。結局、最後の1機となった<コバルト・ハンマー>のペイジ・ティコが自らを犠牲にして爆弾の投下を行い、<フルミナトリックス>を撃破した。[1]

指揮官のフォッシルやメカニックのローズ・ティコは出撃しなかったため生き残ったが[9]、ディカーに居合わせたコバルト中隊の隊員は全滅した。しかしロビー・タイスはテミン・ウェクスリーの指揮下に配属されていたためディカーにおらず、難を逃れた。彼女はエクセゴルの戦い当時も、コバルト中隊のロゴが入ったフライト・ヘルメットを使い続けていた。[7]

登場作品

参考資料

青/赤バージョンの部隊ロゴ

脚注

レジスタンス
主な人物 レイア・オーガナ将軍 - アミリン・ホルド - エロー・アスティ - カルアン・イーマット - ギアル・アクバー - ケイデル・コー・コニックス - コー・セラ - ジェシカ・パヴァ - スタトゥラ - タスリン・ブランス - テミン・ウェクスリー - ナイン・ナン - ペイジ・ティコ - ハーター・カロニア - ポー・ダメロン - ローズ・ティコ
組織 最高司令部 - レジスタンス情報部 - ドロイド・スパイ網 - 地上兵站部門 - 地上クルー - 技術者
部隊 宇宙軍艦隊司令部 - スターファイター隊 - レジスタンス・パイロット - クリムゾン中隊 - コバルト中隊 - ブラック中隊 - ブルー中隊 - レッド中隊
地上軍レジスタンス・トルーパー - “レブ”中隊 - エクセゴル地上チーム
主な乗り物 MG-100スターフォートレス - MC85スター・クルーザー - RZ-2 Aウイング - T-70 Xウイング - U-55ロードリフター - スキー・スピーダー - ネビュロンC - ヴァクビオア級貨物フリゲート - バンカー・バスター - レジスタンス・トランスポート
活動拠点 ディカー (レジスタンス基地) - <ラダス> - クレイト (クレイト前哨基地) - アノート (レジスタンス野営地) - エイジャン・クロス (レジスタンス基地)
その他 冷戦 - ファースト・オーダー=レジスタンス戦争
[テンプレート]
Advertisement