Fandom


コブ・ソンベポール(Cobb Sonbepol)は0 BBY惑星タトゥイーンモス・アイズリー宇宙港にあるチャルマンのカンティーナを訪れていたゴウタルである。ジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービ水分農夫ルーク・スカイウォーカーパイロットを探すためカンティーナにやってきた時、ソンベポールはモモー・ネイドントリント・デュアバらと同じテーブルで会話を交わしていた。

経歴

ヤヴィンの戦い直前の0 BBY[2]ゴウタル種族[1] コブ・ソンベポール[3]アウター・リム・テリトリー砂漠惑星タトゥイーンに滞在していた。この、ソンベポールはモス・アイズリー宇宙港にあるチャルマンのカンティーナを訪れ[1]、入り口のすぐ隣りにあるブースで、アイソリアンモモー・ネイドンステネス・シフタートリント・デュアバらと同じテーブルで飲み物を飲んだ。[4] 彼らが会話を交わしていたとき、ジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービ水分農夫ルーク・スカイウォーカードロイドC-3POR2-D2宇宙船パイロットを探すためモス・アイズリー・カンティーナにやってきた。[1]

バーテンダーウーハーが2体のドロイドに退店を命じた後、ルークはカウンターで[1] 犯罪者のポンダ・バーバコーネリアス・エヴァザン[5] らに絡まれた。カウンターでのトラブルが流沙汰に発展し、オビ=ワンがライトセーバーを使ってバーバのを切り落とす事件が起きた時[1]、ソンベポールがいるブースでは、ネイドンがタトゥイーンに腰を据えるべきかどうかデュアバと話し合っていた。[4]

個性と特徴

ソンベポールはゴウタル種族で、は茶はオレンジ色だった。[1] またソンベポールはネイドンやデュアバとの会話でアンタリアン語を使用した。[6]

装備

カンティーナを訪れた時、ソンベポールは茶色のジャケットと青いパンツを着ていた。[7]

制作の舞台裏

CobbTrintoMomaw-DB

ソンベポールとトリント・デュアバ、モモー・ネイドン

コブ・ソンベポールは1977年に公開されたオリジナル・トリロジー第1作『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』に登場するモブキャラクターである。演者の名前はクレジットされていない。[1] キャラクターのコスチュームは、別のゴウタルのキャラクターであるフェルティパン・トレヴァッグヘネット・ケインと同じマスクやプロップの爪が使われている。[8]

ソンベポールの両手の爪の部分は、もともとコスチューム・デザイナーのリック・ベイカーがかつて携わった映画『悪魔の赤ちゃん』(1974年)のために作ったものであり[9]、メイクアップ・アーティストのレーン・リスカの手で[10]、『スター・ウォーズ』用に毛が追加された。[8] またソンベポールのマスクを作ったのもリスカである。[10] 同じくカンティーナのキャラクターであるマイオにも、爪の小道具の毛のないバージョンが使用されている。[11]

このキャラクターには『新たなる希望』が公開されてから40年ものあいだ名前が無かった。しかし2017年4月15日に開催されたセレブレーション オーランドのイベント「Behind the Scenes of the Cantina」パネルにて、ルーカスフィルム ストーリー・グループパブロ・ヒダルゴがイベント参加者 Sonja Beyer-Paulsen にちなんで Cobb Sonbepol という名前をつけた。[3]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。