Fandom


「共和国がまた台頭して、下々の連中をその足で押さえつけることになるかもしれない。犯罪シンジケートは合法と見せかけて裏で稼ぐ方法を見つけようとするだろう。今、ハットたちが後継者争いで仲間割れしてるもんだから、“採掘会社”を名乗る連中がチャンスとばかりにのさばり始めてるんだ。その筆頭があんたのボスさ。新しい採掘王の時代ってわけだ。だが、そううまくはいかないぜ。おれがいるからな。おれの仲間もだ。この無法地帯に法を持ち込むのさ」
アドウィン・チャルに対し、コブ・ヴァンス[出典]

コブ・ヴァンス(Cobb Vanth)は人間男性で、銀河内戦の終盤に惑星タトゥイーンに住んでいた人物である。ヴァンスはもともと奴隷だったが、4 ABYに発生したエンドアの戦いの直後にジャワの商人から中古のマンダロリアン・アーマーを手に入れ、フリータウンの自称保安官にのしあがった。[1] 5 ABY、事実上の市長として街を治めていた頃、ヴァンスはボーゴと言う名の幼いハットの面倒を見るため、かつてジャバのもとで調教師として働いていたマラキリに助力を求めた。[2] 数カ月後、フリータウンはタトゥイーンの覇権を狙うレッド・キー・レイダースによる襲撃を受けたが、ヴァンスはタスケン・レイダーの力を借りることで犯罪シンジケートを撃退した。[3]

登場エピソード

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。