Fandom


Atticon

この記事の題名はニックネームやコールサイン、別名、偽名です。

この記事は正式名称が明らかになっていない事柄を扱っています。

この記事はクローン・トルーパーを扱っています。お探しの記事は彗星かもしれません。

コメット(Comet)は共和国グランド・アーミーに所属したクローン・トルーパーのニックネームである。銀河共和国に忠実な兵士として、独立星系連合バトル・ドロイドと戦った。コメットはジェダイ・マスタープロ・クーンクローン・コマンダーウォルフ率いる第104大隊配下の“ウルフパック分隊に所属し、階級は伍長だった。21 BBY、コメットとウルフパックの隊員はプロ・クーンやパダワンアソーカ・タノに同伴し、惑星ヴァンコアに墜落したヴェネター級スター・デストロイヤーエンデュアランス>のブリッジからジェダイ将軍アナキン・スカイウォーカーメイス・ウィンドゥを救出した。

20 BBY、クーン率いる第104大隊とスカイウォーカー率いる第501軍団は惑星フェルーシアで分離主義勢力と戦った。戦闘中、コメットとシンカーブーストは一時的にアソーカ・タノの指揮下に入り、ジェットパックを使って分離主義勢力前哨基地に奇襲を仕掛けた。同じ年、コメットは惑星ローラ・サユーでジェダイのチームの救出任務に参加し、カダーヴォではザイゲリアン奴隷帝国に誘拐されたキロストグルータ植民者を解放した。クローン戦争最後の年の19 BBY、ウルフパックはオバ・ダイアへ派遣され、墜落したT-6シャトルを調査した。その結果、このシャトルはクローン軍団の発注者として知られるジェダイ・マスター・サイフォ=ディアスの船であることが明らかになった。

登場エピソード

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。