Wookieepedia
Advertisement
Wookieepedia

コリン・フェロー(Corin Ferro)は人間男性で、銀河帝国に仕えた将校帝国時代の最初期、彼は皇帝の執務室へのアクセス権限を持つ高階級将校の1人だった。シスの暗黒卿ダース・ヴェイダーの命を狙う暗殺計画が露呈した際、フェローは容疑者の1人となり、コルサントで開かれた帝国軍将校団の集会で公開処刑された。

経歴

コリン・フェローは人間男性で、帝国軍将校団に仕えた将校である。カバリア賞金稼ぎ一族待ち伏せに遭った後、シス卿ダース・ヴェイダーコルサントに戻る途中で黒幕を調査し、自身のドロイドに分析を命じた。ドロイドは、賞金稼ぎへの依頼は帝国行政ビルの最高レベルから行われていると答えた。ドロイドは97パーセントの確率で皇帝シーヴ・パルパティーン執務室が依頼元だと結論し、スライシングが行われた形跡はないと報告した。[1]

ヴェイダーがレベル1A1以上のアクセス権限を持つ人物の一覧を要請すると、ドロイドはフェローやトーマス・アゾラスウィルハフ・ターキンカシオ・タッグジャー・クロトージューン・ストレフィゾルタ・ビンガンらの名前が記載されたリストを提供した。その後、ヴェイダーはコルサント上空で行われた2度目の暗殺計画を生き延び、ナインス・シスターと一緒に乗っていたスターシップでコルサントの地上に不時着した。その後ヴェイダーは瞑想を行い、バロッキ大佐が事件に関与していたことを突き止めた。ヴェイダーからその報告を受けたパルパティーンは、彼のために帝国軍将校団の集会を開くことに決めた。[1]

5人の容疑者たち

フェローは大勢のエリート将校たちとともにコルサントの講堂に招集された。ヴェイダーは自分の暗殺計画が発生するのは、将校たちが自分の地位を理解していないからだと考えていた。皇帝パルパティーンから右腕として紹介を受けたヴェイダーは、本人曰く“無作為”に選びだしたフェローとアゾラス、ストレフィ、バロッキ、ビンガンの名前を呼び、彼らを集団の前に立たせた。ヴェイダーは暗殺計画が何回行われても自分は生き延びるが、容疑者たちはそうはいかないと語り、この5人をフォースで窒息させて殺害した。実際、バロッキは暗殺計画を企てた2人の黒幕のうち1人だったが、残りの1人は容疑者には含まれておらず、この公開処刑を生き延びた。[1]

人物

他の帝国軍将校と同じく、コリン・フェローは初期の帝国軍の軍服を身に着け、司令キャップをかぶり、胸に階級プレートをつけていた。[1]

制作の舞台裏

コリン・フェローは2018年発売のコミックスター・ウォーズ:シスの暗黒卿 潰えた遺産』(チャールズ・ソウル作、ジュゼッペ・カムンコリ画)に登場するキャラクターである。

登場エピソード

脚注

他言語版
Advertisement