Fandom


コルサント高架マグレヴ列車(Coruscant elevated maglev train)は銀河系首都惑星コルサントで使われていた、磁力浮遊式の列車。一般人の輸送手段として用いられ、各所にトレイン・ステーションが設けられていた。

特徴

コルサント高架マグレヴ列車[3]リパルサーリフト・テクノロジーを用いた乗り物であり、ギャラクティック・シティに張り巡らされた高架レールの上を走行し、各所のトレイン・ステーションで停車した。[1] 連邦管区ヴェリティ地区のあいだには、ブラック・ラインと呼ばれるマグレヴが走っていた。[2]

歴史

21 BBY泥棒キャシー・クライアーアイオニ・マーシーは、ジェダイパダワンアソーカ・タノライトセーバーを持ち去り、高架マグレヴ列車のに逃げ込んだ。マーシーは駅で取り押さえられたが、クライアーは列車に乗り込み、乗客を人質にとった。彼女は人質を盾にしながら次の駅で逃げ出そうとしたが、待ち構えていたジェダイ・マスターテラ・シヌーベによって制圧され、コルサント警察ガーディアン・ポリス・ドロイドによって連行された。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。