Fandom


「コルサントだ。惑星全体がひとつの都市となっている」
―クワイ=ガン・ジン[出典]

コルサントCoruscant)はコア・ワールドにある惑星である。永きに渡り、銀河の首都として栄えた。

概要

 銀河の首都惑星で銀河座標0-0-0に位置している。「ハブ(中心地、要所)」として知られ、古くから銀河の政治、文化、司法、権力の中心地として機能してきた。

銀河の中心惑星

 「コア・ワールドの宝石」と称されるその惑星を遥か宇宙空間から望めば、惑星全体を包む光が生きているかのごとく瞬いて見える。コルサントに近づき、静止衛星軌道上のゴラン宇宙防衛プラットフォームを通過する頃にようやくこの星のイルミネーションの正体に気づく。惑星上空を行き交う飛行艇、超高層ビルの屋上に見受けられるプラットフォーム。無数の人工の光が常に灯り、まさに生きて動いているのだ。きらめく姿は、惑星自体が一つの巨大都市であることを気づかせる。自然の部分は全くと言って良いほど存在せず、惑星表面全体が都市であり、人工の光を放ち、まばゆく輝き続けているのだ。
 絶え間なく行き交う宇宙艇は立体的に惑星中に張り巡らされた空中車線網の中を、巨大な管制コンピューター・システムに誘導され、その一つ一つがすら細やかな光のきらめきとなって見とれる。

宇宙船ターミナル

 首都惑星コルサントに訪れる宇宙船は、銀河でも飛び抜けて多い。無数の個人用小型ポートや着床プラットフォームには、惑星外から常に何かしらの宇宙船が訪れている。それらに加えてコルサントには巨大なポート・エリアが二つある。
 一つはウエスト・ポート、もう一つはイースト・ポートである。それらは名前こそポートであるが、単独のポートではなく巨大な複合施設であり、産業地区である。俗に、金、権力、強力なコネクションのある物は個人用ポートを使い、それを持たぬ物がコルサントを出発する場合、ウエスト・ポート、訪れる場合はイースト・ポートを使うと言われている。貨物船や定期旅客船はターミナルに到着し、それらが運んできた様々な人々や貨物を捌く為に必要な建物が数多く建ち並ぶ。それらの施設を経営するのはギャラクシー・ツアーズ、ロモダイ・インターステラー、コレリアン・マーチャント・ギルド(コレリア人商業組合)、フリースパン・スターレーンズ・トランスポートなど、名だたる宇宙船を所有する団体である。その周りには職を求める労働者が絶えることがない。また、ターミナルにある様々な旅行代理店も、訪れる旅客の多さから賑わいが絶えることはない。

歴史

旧共和国時代

 旧共和国時代よりコルサントには元老院議事堂ジェダイ聖堂という権力と正義の象徴が存在した。
 元老院議事堂は、コルサントで最も大きく、銀河で最も有名な建物として異彩を放っていた。
 ジェダイ聖堂は元老院議事堂に比べれば非常に小さな物では有ったが、共和国民にとって特別な存在であった。
 その二つの建物は、コルサントに存在する他の建物と明らかに異なった様式で建てられていた。

共和国の最期

クローン大戦の際、コルサントは分離主義者の攻撃にさらされる。大規模な侵略こそなかったが、ヴァルチャー・ドロイドやバトル・ドロイドがシールドを突破して都市を襲った。ジェダイ・マスターヨーダメイス・ウィンドゥが市街戦でクローンを率いる。

しかし、このとき侵略軍を率いたグリーヴァス将軍の目的は、コルサント侵略ではなく、パルパティーンの誘拐だった。ジェダイは将軍の罠にかけられるが、すぐにパルパティーンを奪回し、戦いに勝利する。

外部リンク

Coruscant-Wookieepedia

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。