Fandom


「議長のオフィスからメッセージが届いています、議員」
ベイル・オーガナに対し、コルトン[出典]

コルトン(Colton)は惑星オルデランの王室、オーガナ家に仕えた人間男性である。クローン戦争当時、コルトンはCR70コルベットタナヴィーIII>の船長パイロットを務めていた。

経歴

Jeremoch ROTS

<タナヴィーIII>を操縦するコルトン

銀河共和国時代の末期、コルトンは惑星オルデラン室であるオーガナ家に奉仕していた。クローン戦争当時、彼はCR90コルベットタナヴィーIII>の船長パイロットを務めた。この宇宙船の所有者は、ブレア・オーガナ女王の妻でオルデランのヴァイスロイを務めるベイル・オーガナ元老院議員だった。戦争終結時、コルトンはオーダー66を生き延びたジェダイ・マスターヨーダオビ=ワン・ケノービを救出するために<タナヴィーIII>を操縦し、2人を無事に回収した後コルサントへ針路をとった。ヨーダとケノービは他の生存者にコルサントから離れるようメッセージを送るため、クローン・トルーパーの占領下にあるジェダイ・テンプルに侵入してビーコンを発信したいと考えていたのである。コルサントの上空に到着した時、<タナヴィーIII>は銀河元老院最高議長オフィスからメッセージを受け取った。コルトンがオーガナ議員の指示でメッセージを再生すると、マス・アミダ副議長のホログラムが表示され、オーガナに元老院特別議会への参加を要請した。[1]

個性と特徴

コルトンは人間の男性で、青いを持ち、はブロンドだった。<タナヴィーIII>に乗り込む際、彼は船のクルーの制服である灰のユニフォームを着用した。[1]

制作の舞台裏

コルトンは2005年公開のプリクエル・トリロジー第3作『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』に登場するキャラクターである。俳優はジェレミー・ブロック。ブロックは『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』や『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』で賞金稼ぎボバ・フェットを演じたことでも知られる。レジェンズ設定ではこのキャラクターにジェレモック(Jeremoch)というファーストネームがあるが、これはブロックの姓名を組み合わせたものである。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。