Fandom


「これほど長い、栄えある歴史のある惑星が、泥棒の悪ガキと、冷酷なギャング、平気で人を殺す奴隷商人がのさばる、ひどい場所なのは実に残念なことです。まっとうな住民ですら(そんな人々が見つかるとすれば)、きわめて計算高く、隙あらばつけこもうとするありさま」
コレリアとその住民について、DK-RA-43[出典]

コレリアンコレリア人(Corellian)は惑星コレリア人間種族の住民の族称である。冒険心の強さと放浪癖で知られ、ハン・ソロウェッジ・アンティリーズを始めとする多くの優秀なパイロットを輩出した。

社会と文化

コレリアンは、惑星コレリアに住む人間たちの族称である。[1] コレリアは銀河系コア・ワールドに属す温暖な惑星で、ジャングル森林、そして工業都市が広がっており[10]コレリアン・エンジニアリング社をはじめとする造船事業で有名だった。[5] コレリアンは太古の昔から、冒険心と放浪願望が人一倍強いことで知られた。[11] 銀河系で星間探索が始まるずっと前から、彼らは母星の広大なを航海することでその冒険心を満足させていたのである。危険でわずかな報酬しか得られない職業であるにもかかわらず、コレリアでは航海と漁業帝国時代になっても誇りをもって営まれていた。[5] またコレリアンはハイパースペース・ルートの開拓でも大きな役割を果たしたことで知られ、銀河の開拓領域の先にある星々への移住も行った。[11]

歴史

コレリアンは銀河系でもっとも重要なハイパースペース・ルートの多くを開拓し、何千という星に散らばって移住した。そのためコレリアは銀河共和国において大きな力を持つに至ったが、その影響力はしだいに失われていった。より歴史が若い、活気に満ちた星々が銀河の権勢を得る一方で、コレリアは犯罪と貧困、汚染に苦しめられた。やがてコレリアは銀河帝国の支配下に入り、名高い造船事業も帝国のために役立てられることになったが、帝国の圧政に苦しむコレリアンにとって、自分たちの造船所が帝国宇宙軍最速の軍艦をつくっていることはせめてもの誇りとなっていた。[11]

登場エピソード

参考資料

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。