Fandom


(Tomeito がページ「コロニー/レジェンズ」を「コロニーズ/レジェンズ」へと移動しました)
 
3行: 3行:
 
[[File:TheColonies.jpg|thumb|250px|コロニーズのマップ]]
 
[[File:TheColonies.jpg|thumb|250px|コロニーズのマップ]]
 
{{Quote|次のふたつの領域、コロニーズとインナー・リムは、ほとんどの市民が文明とみなすものの外縁部だ|[[クリス・スンバリス]]|スター・ウォーズ ジェダイの書 DXエディション}}
 
{{Quote|次のふたつの領域、コロニーズとインナー・リムは、ほとんどの市民が文明とみなすものの外縁部だ|[[クリス・スンバリス]]|スター・ウォーズ ジェダイの書 DXエディション}}
'''コロニー'''<ref>『[[スター・ウォーズ・ユニバース]]』、『[[スター・ウォーズ 全史]]』、『[[スター・ウォーズ アルティメット・ビュアル・ガ 特別篇]]』などによる表記。</ref>、'''コロニー'''<ref>『[[スター・ウォーズ ジェダの書 DXエディション]]』による表記。</ref>、'''コロニー'''<ref>『[[スター・ウォーズ・エンサイクロペディア]]』による表記。</ref>、'''植民領域'''<ref>『[[スター・ウォーズ アルティメット・ビジュアル・ガイド 特別篇]]』による別表記。</ref>(Colonies)は、'''コロニー・リージョン'''(Colonies Regions)とも呼ばれる、[[コア・ワールド/レジェンズ|コア・ワールド]]と[[インナー・リム/レジェンズ|インナー・リム]]の間の[[銀河系/レジェンズ|銀河系]]領域である。銀河系の経済および[[政治]]の中心地であるコア領域の近くに位置していたため、コロニーは著名な工業[[惑星/レジェンズ|惑星]]や貿易中心地、庭園惑星が栄える裕福な領域だった。
+
'''コロニー'''<ref>『[[スター・ウォーズ ジェダの書 DXエディション]]』による表記。</ref>、'''コロニー'''<ref>『[[スター・ウォーズ・エンサクロペディ]]』による表記。</ref>、'''コロニー'''<ref>『[[スター・ウォーズ・ユニバース]]』、『[[スター・ウォーズ 全史]]』、『[[スター・ウォーズ アルテメット・ビジュル・ガイド 特別篇]]』などによる表記。</ref>、'''植民領域'''<ref>『[[スター・ウォーズ アルティメット・ビジュアル・ガイド 特別篇]]』による別表記。</ref>(Colonies)は、'''コロニー・リージョン'''(Colonies Regions)とも呼ばれる、[[コア・ワールド/レジェンズ|コア・ワールド]]と[[インナー・リム/レジェンズ|インナー・リム]]の間の[[銀河系/レジェンズ|銀河系]]領域である。銀河系の経済および[[政治]]の中心地であるコア領域の近くに位置していたため、コロニーは著名な工業[[惑星/レジェンズ|惑星]]や貿易中心地、庭園惑星が栄える裕福な領域だった。
 
==特徴==
 
==特徴==
コロニー・リージョンは、[[コア・ワールド/レジェンズ|コア・ワールド]]を除けば、最も早くに植民が行われた領域のひとつだった。そのため、植民から何[[時間|世紀]]も経った後も、この領域はコロニー(植民領域)と呼ばれ続けていた。<ref name="UVG">出典:[[スター・ウォーズ アルティメット・ビジュアル・ガイド 特別篇]]</ref> コア・ワールドと同様、コロニーの人口は極度に密集し、産業も発達して、組織的な社会が築かれていたが、古代文明の中心地といった古い歴史や伝統に欠けていた。<ref>出典:[[スター・ウォーズ・ユニバース]]</ref> 極めて裕福で高度に発達を遂げていたコロニーの星々は、しばしば輸出立国と呼ばれた。多くの星が膨大な量の原料(とくに食物)や、[[ドロイド/レジェンズ|ドロイド]]や[[スターシップ/レジェンズ|スターシップ]]、軍用機製造に必要な鉱物を産出した。コロニーでは、しばしば[[マイニング|採鉱]]活動によってひとつの[[惑星/レジェンズ|惑星]]全体の資源が採り尽くされていた。
+
コロニー・リージョンは、[[コア・ワールド/レジェンズ|コア・ワールド]]を除けば、最も早くに植民が行われた領域のひとつだった。そのため、植民から何[[時間|世紀]]も経った後も、この領域はコロニー(植民領域)と呼ばれ続けていた。<ref name="UVG">出典:[[スター・ウォーズ アルティメット・ビジュアル・ガイド 特別篇]]</ref> コア・ワールドと同様、コロニーの人口は極度に密集し、産業も発達して、組織的な社会が築かれていたが、古代文明の中心地といった古い歴史や伝統に欠けていた。<ref>出典:[[スター・ウォーズ・ユニバース]]</ref> 極めて裕福で高度に発達を遂げていたコロニーの星々は、しばしば輸出立国と呼ばれた。多くの星が膨大な量の原料(とくに食物)や、[[ドロイド/レジェンズ|ドロイド]]や[[スターシップ/レジェンズ|スターシップ]]、軍用機製造に必要な鉱物を産出した。コロニーでは、しばしば[[マイニング|採鉱]]活動によってひとつの[[惑星/レジェンズ|惑星]]全体の資源が採り尽くされていた。
 
==歴史==
 
==歴史==
およそ[[27,000 BBY]]、惑星[[カステル/レジェンズ|カステル]]出身の[[ゴッサム]][[種族/レジェンズ|種族]]が[[タンブル・ハイパードライブ]]を開発した。これによって、彼らは[[アウター・リム・テリトリー/レジェンズ|アウター・リム・テリトリー]]の[[フェルーシア/レジェンズ|フェルーシア]]を始めとする遠く離れた惑星にも植民することが出来た。コロニーの惑星のうち、“[[スライス]]”と呼ばれる領域に属す惑星のほとんどは、[[24,000 BBY]]までに入植されていた。[[前共和国時代]]の後期、[[アローヘッド]]に位置するコアの星々が、[[ジェネレーション・シップ]]を使って恒星間帝国を開拓し、コロニーの複数の惑星に住みついた。惑星[[ハンバリン/レジェンズ|ハンバリン]]出身の入植者たちは[[バルモーラ/レジェンズ|バルモーラ]]や[[コメナー/レジェンズ|コメナー]]に入植し、[[コレリアン]]は[[バイブローズ]]や[[ロロナー]]に入植した。惑星[[ニモーディア/レジェンズ|ニモーディア]]に入植した[[デュロス/レジェンズ|デュロス]]はやがて進化を遂げ、[[15,000 BBY]]の時点で[[ニモーディアン/レジェンズ|ニモーディアン]]と呼ばれる亜種が誕生していた。[[ハイパースペース]]航行の速度が遅く、コミュニケ―ション技術もまだ発達していなかったことが原因で、こうしたコロニーの惑星は入植を行った親惑星の傘下から離脱した。そのせいで何度か紛争が勃発することになる。
+
およそ[[27,000 BBY]]、惑星[[カステル/レジェンズ|カステル]]出身の[[ゴッサム]][[種族/レジェンズ|種族]]が[[タンブル・ハイパードライブ]]を開発した。これによって、彼らは[[アウター・リム・テリトリー/レジェンズ|アウター・リム・テリトリー]]の[[フェルーシア/レジェンズ|フェルーシア]]を始めとする遠く離れた惑星にも植民することが出来た。コロニーの惑星のうち、“[[スライス]]”と呼ばれる領域に属す惑星のほとんどは、[[24,000 BBY]]までに入植されていた。[[前共和国時代]]の後期、[[アローヘッド]]に位置するコアの星々が、[[ジェネレーション・シップ]]を使って恒星間帝国を開拓し、コロニーの複数の惑星に住みついた。惑星[[ハンバリン/レジェンズ|ハンバリン]]出身の入植者たちは[[バルモーラ/レジェンズ|バルモーラ]]や[[コメナー/レジェンズ|コメナー]]に入植し、[[コレリアン]]は[[バイブローズ]]や[[ロロナー]]に入植した。惑星[[ニモーディア/レジェンズ|ニモーディア]]に入植した[[デュロス/レジェンズ|デュロス]]はやがて進化を遂げ、[[15,000 BBY]]の時点で[[ニモーディアン/レジェンズ|ニモーディアン]]と呼ばれる亜種が誕生していた。[[ハイパースペース]]航行の速度が遅く、コミュニケ―ション技術もまだ発達していなかったことが原因で、こうしたコロニーの惑星は入植を行った親惑星の傘下から離脱した。そのせいで何度か紛争が勃発することになる。
   
[[25,000 BBY]]に[[銀河共和国/レジェンズ|銀河共和国]]が誕生したことで、コアから分離した植民惑星の紛争は小規模化し、コロニー領域の植民活動が拡大した。これは[[コレリアン・ラン]]や[[パーレミアン・トレード・ルート]]の発見によるところが大きかった。これらの[[ハイパーレーン]]は、[[造船所]]がつくられた[[ロロナー]]や、[[ライサル]]、[[アーカニア/レジェンズ|アーカニア]]、[[ディール星系]]の農業惑星など、新しい植民地の形成に役立った。[[22,000 BBY]]当時、ニモーディアのデュロスは“[[資産惑星]]”と呼ばれるいくつかの植民地を確立していた。そのうちのひとつ、[[ケイト・ニモーディア/レジェンズ|ケイト・ニモーディア]]はのちに共和国に加盟した。
+
[[25,000 BBY]]に[[銀河共和国/レジェンズ|銀河共和国]]が誕生したことで、コアから分離した植民惑星の紛争は小規模化し、コロニー領域の植民活動が拡大した。これは[[コレリアン・ラン]]や[[パーレミアン・トレード・ルート]]の発見によるところが大きかった。これらの[[ハイパーレーン]]は、[[造船所]]がつくられた[[ロロナー]]や、[[ライサル]]、[[アーカニア/レジェンズ|アーカニア]]、[[ディール星系]]の農業惑星など、新しい植民地の形成に役立った。[[22,000 BBY]]当時、ニモーディアのデュロスは“[[資産惑星]]”と呼ばれるいくつかの植民地を確立していた。そのうちのひとつ、[[ケイト・ニモーディア/レジェンズ|ケイト・ニモーディア]]はのちに共和国に加盟した。
   
 
[[50 BBY]]、急進的な[[アーカニアン自治領]]に対して不干渉主義派閥が反乱を起こし、[[アーカニアン]]領域で[[アーカニアン革命]]が発生した。革命家たちは、さまざまな種族の体のパーツを組み合わせた[[サイボーグ/レジェンズ|サイボーグ]]の軍隊をつくり出した。しかし、自治領は[[ジェダイ・オーダー/レジェンズ|ジェダイ・オーダー]]に助けを求め、アーカニアン革命は収束する。生み出されたサイボーグのうち何名かは生き残り、そのうちのひとりである[[ゴーム|“溶かし屋”ゴーム]]は[[バウンティ・ハンター/レジェンズ|バウンティ・ハンター]]として活動するようになった。
 
[[50 BBY]]、急進的な[[アーカニアン自治領]]に対して不干渉主義派閥が反乱を起こし、[[アーカニアン]]領域で[[アーカニアン革命]]が発生した。革命家たちは、さまざまな種族の体のパーツを組み合わせた[[サイボーグ/レジェンズ|サイボーグ]]の軍隊をつくり出した。しかし、自治領は[[ジェダイ・オーダー/レジェンズ|ジェダイ・オーダー]]に助けを求め、アーカニアン革命は収束する。生み出されたサイボーグのうち何名かは生き残り、そのうちのひとりである[[ゴーム|“溶かし屋”ゴーム]]は[[バウンティ・ハンター/レジェンズ|バウンティ・ハンター]]として活動するようになった。
15行: 15行:
 
[[ナブーの侵略/レジェンズ|ナブーの侵略]]の10年前、[[コマース・ギルド/レジェンズ|コマース・ギルド]]はカステルの景気後退を利用し、この惑星の支配権を手に入れた。しかし、[[シュ・マーイ/レジェンズ|シュ・マーイ]]という名のゴッサムは、積極的なビジネス戦略によって故郷カステルを買い戻し、最終的にコマース・ギルドの[[会頭/レジェンズ|会頭]]に上り詰めた。マーイは食べ物や住宅、適度な収入と引き換えに、有能なゴッサムたちをギルドで強制的に働かせた。カステルは徐々に不況から立ち直ったが、コマース・ギルドの影響下に入ることになった。ギルドは、その後勃発した[[分離主義危機/レジェンズ|分離主義危機]]や[[クローン大戦/レジェンズ|クローン大戦]]で[[独立星系連合/レジェンズ|独立星系連合]]に組した。
 
[[ナブーの侵略/レジェンズ|ナブーの侵略]]の10年前、[[コマース・ギルド/レジェンズ|コマース・ギルド]]はカステルの景気後退を利用し、この惑星の支配権を手に入れた。しかし、[[シュ・マーイ/レジェンズ|シュ・マーイ]]という名のゴッサムは、積極的なビジネス戦略によって故郷カステルを買い戻し、最終的にコマース・ギルドの[[会頭/レジェンズ|会頭]]に上り詰めた。マーイは食べ物や住宅、適度な収入と引き換えに、有能なゴッサムたちをギルドで強制的に働かせた。カステルは徐々に不況から立ち直ったが、コマース・ギルドの影響下に入ることになった。ギルドは、その後勃発した[[分離主義危機/レジェンズ|分離主義危機]]や[[クローン大戦/レジェンズ|クローン大戦]]で[[独立星系連合/レジェンズ|独立星系連合]]に組した。
   
クローン大戦中、ニモーディアとその“資産惑星”は共和国と独立星系連合が争う戦場になり、争いは[[19 BBY]]まで続いた。共和国の時代が終わった後、[[銀河皇帝/レジェンズ|皇帝]][[パルパティーン]]の[[銀河帝国/レジェンズ|銀河帝国]]は極めて厳格にコロニー領域を支配し、特に独立星系連合を支援していた種族や惑星に強硬政策を執った。惑星カステルのゴッサムは、帝国の[[人間至上主義]]政策の大きな標的となった。そのため、[[共和国再建のための同盟/レジェンズ|共和国再建のための同盟]]やその後継政府[[新共和国/レジェンズ|新共和国]]はコロニー領域で支持者を獲得していた。[[5 ABY]]から[[6 ABY]]にかけて行われたコア・ワールドへの侵攻において、新共和国はコロニーにある未開の惑星を足掛かり地点として確保した。[[4 ABY]]の[[エンドアの戦い/レジェンズ|エンドアの戦い]]の後、ゴッサムは帝国の統治から解放された。
+
クローン大戦中、ニモーディアとその“資産惑星”は共和国と独立星系連合が争う戦場になり、争いは[[19 BBY]]まで続いた。共和国の時代が終わった後、[[銀河皇帝/レジェンズ|皇帝]][[パルパティーン]]の[[銀河帝国/レジェンズ|銀河帝国]]は極めて厳格にコロニー領域を支配し、特に独立星系連合を支援していた種族や惑星に強硬政策を執った。惑星カステルのゴッサムは、帝国の[[人間至上主義]]政策の大きな標的となった。そのため、[[共和国再建のための同盟/レジェンズ|共和国再建のための同盟]]やその後継政府[[新共和国/レジェンズ|新共和国]]はコロニー領域で支持者を獲得していた。[[5 ABY]]から[[6 ABY]]にかけて行われたコア・ワールドへの侵攻において、新共和国はコロニーにある未開の惑星を足掛かり地点として確保した。[[4 ABY]]の[[エンドアの戦い/レジェンズ|エンドアの戦い]]の後、ゴッサムは帝国の統治から解放された。
 
== 登場作品 ==
 
*[[Star Wars: The Old Republic]]
 
*Episode I Adventures 1: Search for the Lost Jedi {{1st}}
 
*Star Wars Adventures 1: Hunt the Sun Runner
 
*Star Wars Adventures 5: The Shape-Shifter Strikes
 
*{{Hnn|46|business/1337_1.html|Baktoid Closes Down Five More Plants}}
 
*[[セスタスの偽り]] {{Mo}}
 
*{{WizardsCite|url=default.asp?x=starwars/article/dodcampaign|text=''A Wretched Hive''|int=A Wretched Hive}}
 
*{{WEGCite|book=Shadows of the Empire Sourcebook|text=''Shadows of the Empire Sourcebook''|story=Dead End Drop|stext=''Dead End Drop''}} {{Mo}}
 
*{{WizardsCite|url=default.asp?x=starwars/article/sw20021205herd|text=''Ride Herd''|int=Ride Herd}}
 
   
 
== 参考資料 ==
 
== 参考資料 ==
37行: 37行:
 
}}
 
}}
   
{{DEFAULTSORT:ころにい}}
+
{{DEFAULTSORT:ころにい}}
 
[[カテゴリ:銀河領域]]
 
[[カテゴリ:銀河領域]]
 
[[カテゴリ:コロニーズ| ]]
 
[[カテゴリ:コロニーズ| ]]

2018年2月9日 (金) 14:50に更新

Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 
この記事は領域を扱っています。お探しの記事はキリックコロニーかもしれません。
TheColonies

コロニーズのマップ

「次のふたつの領域、コロニーズとインナー・リムは、ほとんどの市民が文明とみなすものの外縁部だ」
クリス・スンバリス[出典]

コロニーズ[1]コロニー界[2]コロニー[3]植民領域[4](Colonies)は、コロニーズ・リージョン(Colonies Regions)とも呼ばれる、コア・ワールドインナー・リムの間の銀河系領域である。銀河系の経済および政治の中心地であるコア領域の近くに位置していたため、コロニーズは著名な工業惑星や貿易中心地、庭園惑星が栄える裕福な領域だった。

特徴編集

コロニーズ・リージョンは、コア・ワールドを除けば、最も早くに植民が行われた領域のひとつだった。そのため、植民から何世紀も経った後も、この領域はコロニーズ(植民領域)と呼ばれ続けていた。[5] コア・ワールドと同様、コロニーズの人口は極度に密集し、産業も発達して、組織的な社会が築かれていたが、古代文明の中心地といった古い歴史や伝統に欠けていた。[6] 極めて裕福で高度に発達を遂げていたコロニーズの星々は、しばしば輸出立国と呼ばれた。多くの星が膨大な量の原料(とくに食物)や、ドロイドスターシップ、軍用機製造に必要な鉱物を産出した。コロニーズでは、しばしば採鉱活動によってひとつの惑星全体の資源が採り尽くされていた。

歴史編集

およそ27,000 BBY、惑星カステル出身のゴッサム種族タンブル・ハイパードライブを開発した。これによって、彼らはアウター・リム・テリトリーフェルーシアを始めとする遠く離れた惑星にも植民することが出来た。コロニーズの惑星のうち、“スライス”と呼ばれる領域に属す惑星のほとんどは、24,000 BBYまでに入植されていた。前共和国時代の後期、アローヘッドに位置するコアの星々が、ジェネレーション・シップを使って恒星間帝国を開拓し、コロニーズの複数の惑星に住みついた。惑星ハンバリン出身の入植者たちはバルモーラコメナーに入植し、コレリアンバイブローズロロナーに入植した。惑星ニモーディアに入植したデュロスはやがて進化を遂げ、15,000 BBYの時点でニモーディアンと呼ばれる亜種が誕生していた。ハイパースペース航行の速度が遅く、コミュニケ―ション技術もまだ発達していなかったことが原因で、こうしたコロニーズの惑星は入植を行った親惑星の傘下から離脱した。そのせいで何度か紛争が勃発することになる。

25,000 BBY銀河共和国が誕生したことで、コアから分離した植民惑星の紛争は小規模化し、コロニーズ領域の植民活動が拡大した。これはコレリアン・ランパーレミアン・トレード・ルートの発見によるところが大きかった。これらのハイパーレーンは、造船所がつくられたロロナーや、ライサルアーカニアディール星系の農業惑星など、新しい植民地の形成に役立った。22,000 BBY当時、ニモーディアのデュロスは“資産惑星”と呼ばれるいくつかの植民地を確立していた。そのうちのひとつ、ケイト・ニモーディアはのちに共和国に加盟した。

50 BBY、急進的なアーカニアン自治領に対して不干渉主義派閥が反乱を起こし、アーカニアン領域でアーカニアン革命が発生した。革命家たちは、さまざまな種族の体のパーツを組み合わせたサイボーグの軍隊をつくり出した。しかし、自治領はジェダイ・オーダーに助けを求め、アーカニアン革命は収束する。生み出されたサイボーグのうち何名かは生き残り、そのうちのひとりである“溶かし屋”ゴームバウンティ・ハンターとして活動するようになった。

ナブーの侵略の10年前、コマース・ギルドはカステルの景気後退を利用し、この惑星の支配権を手に入れた。しかし、シュ・マーイという名のゴッサムは、積極的なビジネス戦略によって故郷カステルを買い戻し、最終的にコマース・ギルドの会頭に上り詰めた。マーイは食べ物や住宅、適度な収入と引き換えに、有能なゴッサムたちをギルドで強制的に働かせた。カステルは徐々に不況から立ち直ったが、コマース・ギルドの影響下に入ることになった。ギルドは、その後勃発した分離主義危機クローン大戦独立星系連合に組した。

クローン大戦中、ニモーディアとその“資産惑星”は共和国と独立星系連合が争う戦場になり、争いは19 BBYまで続いた。共和国の時代が終わった後、皇帝パルパティーン銀河帝国は極めて厳格にコロニーズ領域を支配し、特に独立星系連合を支援していた種族や惑星に強硬政策を執った。惑星カステルのゴッサムは、帝国の人間至上主義政策の大きな標的となった。そのため、共和国再建のための同盟やその後継政府新共和国はコロニーズ領域で支持者を獲得していた。5 ABYから6 ABYにかけて行われたコア・ワールドへの侵攻において、新共和国はコロニーズにある未開の惑星を足掛かり地点として確保した。4 ABYエンドアの戦いの後、ゴッサムは帝国の統治から解放された。

参考資料 編集

脚注 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。