Fandom


Atticon

この記事の題名はニックネームやコールサイン、別名、偽名です。

この記事は正式名称が明らかになっていない事柄を扱っています。

「おそらく相当な規模の艦隊が集まっている。情報収集は再優先事項だが、自分の命のことも忘れるな。共に生きて帰ろう」
―コンテッサ[出典]

コンテッサ(The Contessa)は銀河内戦期に共和国再建のための同盟スターファイター部隊、コロナ中隊の隊長を務めた[2] 人間[1] 女性の通称である。厳格な性格である彼女は、“コロナ・リーダー”として優れたリーダーシップを発揮した。もともと位の高い貴族だった彼女は、故郷の星では宮殿で生活を送る身分だった。コンテッサはコロナ中隊を率いて銀河系各地で数多くの偵察任務を行い、ホスの戦いエンドアの戦いといった大規模な戦闘にも参加した。エンドアの戦いの後、コンテッサは故郷の星の大統領選に出るため反乱同盟を去り、コロナ・リーダーの地位はイェンダーに受け継がれた。[2]

制作の舞台裏

コンテッサはクラウディア・グレイによる正史のヤング・アダルト小説『ロスト・スターズ』に登場するキャラクターである。本作は「ジャーニー・トゥ・フォースの覚醒」シリーズのラインナップの1冊として2015年に発売された。小説執筆中、グレイは女優のミシェール・ヨーを頭に思い浮かべながらコンテッサを描いた。[3]

登場エピソード

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。