コーンセイヤー・マニュファクチャリング社(Koensayr Manufacturing)はスターファイターおよび関連機器の製造企業である。銀河共和国時代から長きにわたって使用されたYウイング・スターファイター・シリーズの製造元として知られる。コーンセイヤー社は共和国に代わって誕生した銀河帝国と実質的な契約を結ぶことには失敗したものの、同社の製品は型遅れながらも反乱同盟の戦力として銀河内戦で活躍した。

歴史

BTL-B Yウイング

クローン戦争の時代、コーンセイヤー・マニュファクチャリング社は銀河共和国の主要サプライヤーとして貢献し、同社製品のBTL-B Yウイング・スターファイター共和国宇宙軍で広く使用された。[2] しかし銀河帝国が新たに台頭すると、帝国宇宙軍では大型軍艦宇宙における覇権を握るというドクトリンに重点が置かれた。[3] その結果、ハイパードライブを搭載したスナブ=ファイターは好まれなくなり、コーンセイヤー社は重要な政府契約を失うことになってしまった。その結果、同社の在庫の大半はやむを得ず各地の惑星防衛軍を相手にした市場へ売り払われたが、やがて多くの機体が共和国再建のための同盟の手に渡ることとなった。[2]

製品

スターシップ

その他

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。