「回避行動、全速だ!」
―ゴーリン提督[出典]

ゴーリン(Gorin)は人間男性で、銀河内戦の時代に銀河帝国宇宙艦隊に仕えた提督である。彼はインペリアルI級スター・デストロイヤーインティミデイター>の指揮を執り、惑星スカリフ宇宙防衛を担う軌道司令部を率いていた。0 BBYに発生したスカリフの戦いで、ゴーリンは旗艦から防衛戦の指揮を執った。しかし反乱同盟スター・デストロイヤーパーセキュター>にスフィルナ級コルベットライトメイカー>を体当りさせ、玉突き式に<インティミデイター>との衝突を誘った。破壊された2隻のスター・デストロイヤーは制御を失って落下し、シールド・ゲートを破壊した。

経歴

軌道司令部

「反乱軍の宇宙船です!」
「ゴーリン提督を呼ぶんだ。急げ!」
―ブリッジの士官とキャシド大尉[出典]

初期反乱運動の末期、人間男性であるゴーリンは、銀河帝国宇宙艦隊提督の地位に就いていた。ゴーリン提督は惑星スカリフの上空でインペリアルI級スター・デストロイヤー[1]インティミデイター[3] に乗り込み[1]スカリフ展開部隊宇宙防衛部門である軌道司令部を指揮していた。[2] 展開部隊の任務は、ソトラス・ラムダ将軍が指揮官を務める地上のシタデル・タワーを防衛することだった。[1]

0 BBY[4]共和国再建のための同盟のチームであるローグ・ワンがシタデル・タワーの情報保管庫に収蔵されているデス・スター設計図を手に入れるためスカリフにやってきた。彼らは盗んだ貨物シャトルでゴーリン提督の防衛網をすり抜け、惑星の地上に着陸した。その後ローグ・ワンとスカリフ駐屯部隊戦いが始まり、ラダス提督率いる同盟軍艦隊もスカリフの軌道ハイパースペース・ジャンプした。<インティミデイター>のブリッジ同盟軍艦隊の出現に気づいたキャシド大尉は、すぐにゴーリン提督に緊急事態を知らせるよう他の者に命じた。[1]

スカリフの戦い

「ゴーリン提督からの通信です。長官、反乱軍艦隊の一部がハイパースペースから現れ、シールドの外に集まっています。しかし、この星の脅威とはなりえないと提督は信じておられます――」
―クレニック長官に対し、ラムダ将軍[出典]

スカリフ上空で戦闘が始まった後、ゴーリン提督は[5] 地上司令部[2] ラムダ将軍に連絡を取り、軌道の状況を伝えた。ゴーリンは敵の戦力ではスカリフが脅かされることはないと考えていた。しかしラムダからゴーリンの見解を知らされたオーソン・クレニック長官は、そもそも敵の目的はスカリフ制圧ではないと断言し、基地の封鎖を命じた。[5] クレニックの命令でシールド・ゲートが閉鎖されると、地上と宇宙空間の戦場は分断された。反乱同盟はシールド・ゲートを破ることができず苦戦したが、ゴールド中隊Yウイング・ボマーがゴーリン提督の指揮下にある2隻目のスター・デストロイヤー[1]パーセキュター[3]イオン魚雷で機能停止させることに成功した。[1]

シールド・ゲートに落下する<インティミデイター>と<パーセキュター>

ラダス提督はスフィルナ級コルベット[1]ライトメイカー[5] に<パーセキュター>への体当たりを命じた。<インティミデイター>のブリッジにいたゴーリン提督は、コルベットに押し込まれた<パーセキュター>が自艦に迫ってきていることに気づき、衝突を避けるため回避行動を命じた。しかし回避は間に合わず、ゴーリンのスター・デストロイヤーは<パーセキュター>と衝突して破壊された。2隻のスター・デストロイヤーは崩壊しながらスカリフの方向へ落下していき、シールド・ゲートを巻き添えにした。惑星シールドが消滅したことにより、同盟軍艦隊は地上からデス・スター設計図を受信することが可能になった。[1] その後、惑星防衛の指揮権はゴーリンからグランドモフウィルハフ・ターキンに移った。[6]

個性と特徴

ゴーリンは白人種の人間男性で、は青く、は灰色だった。[1] 同盟軍艦隊がスカリフに出現した際、ゴーリン提督は敵の目的を見誤り、スカリフの安全が脅かされることはないだろうと考えた。[5]

制作の舞台裏

ゴーリンは2016年12月16日公開のアンソロジー映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場するキャラクターである。俳優はマイケル・ゴールド

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。