Wookieepedia
Advertisement
類似した名称の記事はゴールド中隊を参照

「フェニックス・リーダー、こちらゴールド中隊。お邪魔だったかな?」
ヘラ・シンドゥーラに対し、ジョン・ヴァンダー[出典]

ゴールド中隊(Gold Squadron)、別名ゴールド・グループ(Gold Group)は共和国再建のための同盟および新共和国に所属したスターファイター中隊である。反乱同盟が正式に設立される以前から、ジャン・ドドンナ将軍率いる反乱分子マサッシ・グループの一員として銀河帝国に対する反乱運動に参加していた。ゴールド中隊は主にBTL-A4 Yウイング強襲用スターファイター/ボマーで構成され、当初はオンダロニアンジョン・“ダッチ”・ヴァンダー隊長を務めた。彼らは衛星ヤヴィン4グレート・テンプルや、ダントゥイン反乱軍基地などを拠点とした。

2 BBY、ゴールド中隊はフェニックス戦隊に属すスペクターズ反乱分子とともにハンドオフ作戦に参加し、反乱軍の指導者モン・モスマ元老院議員の逃亡を支援した。彼らがモスマを無事にダントゥインへ送り届けたことで、反乱同盟の正式な樹立が実現した。0 BBY、ゴールド中隊は同盟軍艦隊の一員としてスカリフの戦いに参加した。帝国の超兵器デス・スター設計図を巡るこの戦いで、ゴールド中隊は惑星スカリフ軌道インペリアル級スター・デストロイヤーパーセキュター>を機能停止させる活躍を挙げ、結果的にシールド・ゲートの破壊に貢献した。しかしその直後、ゴールド中隊はレッド中隊とともにヤヴィンの戦いに参加し、ゴールド・リーダーであるヴァンダー以下、隊員の大半が戦する結果となった。

概要

「レッド・リーダー、こちらゴールド・リーダー。我々は攻撃飛行を開始する」
「了解、ゴールド・リーダー。定位置につく」
―ジョン・ヴァンダーとガーヴェン・ドレイス[出典]

ゴールド中隊のYウイング

ゴールド中隊共和国再建のための同盟が正式に設立される前から活動していた、反乱軍スターファイター中隊である。[7] 反乱軍の後継政府である新共和国にも仕えた。[9] ゴールド中隊はジャン・ドドンナ将軍率いる反乱分子マサッシ・グループの一員であり[4]初期反乱運動時代から銀河内戦序盤にかけて、オンダロニアンジョン・ヴァンダーが隊長を務めた。[10] ゴールド中隊の隊長は“ゴールド・リーダー”のコールサインを使い、以下ゴールド2ゴールド3と続いた。[1] マサッシ・グループは衛星ヤヴィン4グレート・テンプル基地を拠点とした。[4] またゴールド中隊は惑星ダントゥイン反乱軍基地を拠点としていた時期もあった。[11] エンドアの戦いの頃はモン・カラマリ・スター・クルーザーホーム・ワン>が移動拠点となっていた。[12]

銀河内戦の序盤、ゴールド中隊は基本的にBTL-A4 Yウイング強襲用スターファイター/ボマーで構成されていた。[1][4][13] 特にヤヴィン4の基地においては、ゴールド中隊は全機Yウイングで構成され、残りのYウイングは必要に応じてグリーン中隊ブルー中隊にローテーションされることになっていた。[4] しかしゴールド中隊も場合によっては他の機体を使うこともあり、RZ-1 Aウイング・インターセプターを使用したり[6]、隊員のノラ・ウェクスリーARC-170スターファイターに乗り込んだケースもあった。[5] またエンドアの戦いでは、ゴールド中隊は[3] 寄せ集めの部隊として再編制され[13]YT-1300軽貨物船ミレニアム・ファルコン>がゴールド中隊の隊長機となった。[3] ゴールド中隊の戦闘機には黄のカラーリングが施された。[14]

歴史

初期反乱軍

Yウイングの獲得

「爆撃機はすべて、ドドンナ将軍に引き渡すことになる。反乱組織の一翼を担う人よ」
―ヘラ・シンドゥーラ[出典]

スペクターズはレクレム・ステーションで獲得したYウイングをドドンナの反乱分子に提供した

反乱同盟軍のゴールド中隊で使用されていたBTL-A4 Yウイング強襲用スターファイター/ボマーのうち5機は、もともと銀河共和国クローン戦争期に使っていた旧型機で、反乱同盟形成以前の2 BBYフェニックス戦隊に属すスペクターズが帝国の廃物処理場レクレム・ステーションから奪取したものだった。初期反乱軍の戦力に加えられたYウイングは、フェニックス戦隊からジャン・ドドンナ将軍率いるマサッシ・グループへ回され、ゴールド中隊の戦力となった。[15]

ハンドオフ作戦

「ゴールド・リーダー、敵が出現。インペリアル・クルーザーとファイターです」
「迎撃態勢を取れ。すぐに行く」
タイソンとジョン・ヴァンダー[出典]

アーキオン星雲を飛ぶゴールド中隊

Yウイング獲得からしばらくして、ゴールド中隊は帝国から亡命したモン・モスマ元老院議員の回収を目的としたハンドオフ作戦に参加した。各地の反乱分子を統一して同盟を結成したいと願っていたモスマ議員は、故郷であるシャンドリラに逃げ戻ることを拒否し、反乱軍艦隊の集結予定地であるダントゥインを目指していた。ゴールド・リーダージョン・“ダッチ”・ヴァンダーに率いられたゴールド中隊は、モスマ議員の乗るテイランダー・シャトルシャンドリラ・ミストレス>をエスコートし、燃料補給のためヘラ・シンドゥーラ率いる<ゴーストチームと合流する。帝国軍が燃料補給中の<ゴースト>を攻撃した際、ゴールド2が衝撃で気を失ってしまったため、<ゴースト>の乗組員エズラ・ブリッジャーが彼女の代理として一時的に中隊に参加した。モスマが<ゴースト>に乗り移った後、反乱者たちとゴールド中隊は帝国の追跡を撒くためロザル宙域アーキオン星雲を飛行する。ゴールド中隊はこの戦いで3名のパイロットを失ったが、ヴァンダーとブリッジャーはヴァルト・スケリスの操縦する試作型TIE/dディフェンダーを撃退し、モスマの逃亡に貢献した。その後、モスマはダントゥインで正式に反乱同盟を組織する。

反乱同盟軍

スカリフの戦い

0 BBY当時、ジョン・ヴァンダーが引き続き“ゴールド・リーダー”として中隊を指揮していた。この年、彼らはグリーン中隊ブルー中隊レッド中隊とともにラダス提督率いる同盟軍艦隊に加わり、スカリフの戦いに参加する。戦闘中、ゴールド中隊のYウイング・ボマーは熱帯惑星スカリフ軌道に浮かぶシールド・ゲートを爆撃したが、破壊には至らなかった。また、彼らはゲートを護衛していた戦艦インペリアル級スター・デストロイヤーパーセキュター>にも攻撃を仕掛け、イオン魚雷で機能を停止させることに成功する。その後、ラダス提督はスフィルナ級ハンマーヘッド・コルベットを使ってスター・デストロイヤー同士の衝突を誘引させ、それにより生じた残骸はシールド・ゲートを破壊、スカリフの偏向シールドを消滅させた。

ヤヴィンの戦い

スカリフの戦いの直後、ジョン・ヴァンダー率いるゴールド中隊は衛星ヤヴィン4ベース・ワン基地に帰還する。間もなく、反乱軍がスカリフで獲得したデス・スター設計図もヤヴィン基地に届けられ、ゴールド中隊とレッド中隊の隊員はデス・スターの弱点を利用した攻撃作戦に参加することになった。ヤヴィンの戦いが始まると、ゴールド中隊はヤヴィン星系に現れたデス・スターに攻撃を仕掛け、子午線トレンチの奥の排熱孔を目指して飛行する。戦闘中、ヴァンダー隊長、デックス・タイリーゴールド2)、デイヴィッシュ・“ポップス”・クレイルゴールド5)がトレンチに突入したが、3人ともシス卿ダース・ヴェイダーTIEアドバンストx1によって撃墜されてしまった。最終的にレッド中隊のルーク・スカイウォーカーレッド5)が作戦を成功させたが、ゴールド中隊の生存者はエヴァン・ヴァーレイン(ゴールド3)ただひとりだった。

エンドアの戦い

「シールドが消えた!デス・スターの反応炉への攻撃開始」
「了解。レッド・グループ、ゴールド・グループ、全機俺に続け!」
ギアル・アクバー提督ランド・カルリジアン将軍[出典]

ヤヴィンの戦いの4後、ランド・カルリジアン将軍率いるゴールド中隊はエンドアの戦いに参加した。この中隊はさまざまなスターファイターと<ミレニアム・ファルコン>によって構成される混成中隊で、隊員の一部は第2デス・スター反応炉破壊作戦に参加した。


隊員

ハンドオフ作戦当時

スカリフの戦い当時

ヤヴィンの戦い当時

エンドアの戦い当時

登場作品

参考資料

脚注

  1. 1.00 1.01 1.02 1.03 1.04 1.05 1.06 1.07 1.08 1.09 1.10 1.11 1.12 1.13 1.14 スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望
  2. スター・ウォーズ:オン・ザ・フロントライン
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還
  4. 4.00 4.01 4.02 4.03 4.04 4.05 4.06 4.07 4.08 4.09 4.10 4.11 4.12 スター・ウォーズ ローグ・ワン アルティメット・ビジュアル・ガイド
  5. 5.0 5.1 SWZ01 logo.png Star Wars: X-Wing Second EditionRebel Alliance Conversion Kit (Card: Norra Wexley)
  6. 6.0 6.1 6.2 スター・ウォーズ:Aウイング・デラックス・ブック&3Dウッド・モデル
  7. 7.0 7.1 7.2 7.3 7.4 7.5 7.6 7.7 Rebels-mini-logo.png 反乱者たち極秘輸送
  8. 8.0 8.1 ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
  9. 9.0 9.1 9.2 アフターマス
  10. アルティメット・スター・ウォーズ 完全保存版大百科
  11. 反乱軍スターファイター オーナーズ・ワークショップ・マニュアル
  12. スター・ウォーズ:砕かれた帝国
  13. 13.0 13.1 Star Wars THE GALACTIC EXPLORER’S GUIDE
  14. Star Wars:スコードロン
  15. 16.0 16.1 地上組ある視点から見た物語
  16. The Odyssey of Star Wars: An Epic Poem
  17. SWZ01 logo.png Star Wars: X-Wing Second EditionBattle of Yavin Scenario Pack
  18. EncyclopediaCite.png The Pilots of the Rebel Allianceスター・ウォーズ・エンサイクロペディア
共和国再建のための同盟
同盟市民政府 議長 - 同盟内閣 (教育大臣 - 財務大臣 - 産業大臣 - 国務大臣 - 補給大臣 - 戦争大臣 - 内閣書記官)
反乱分子 アイアン戦隊 - スペクターズ - パルチザン - フェニックス戦隊 - マサッシ・グループ - ライロス解放運動 - ロザル抵抗勢力
組織 同盟軍 - 同盟軍最高司令部 - 同盟軍特殊部隊 - 同盟情報部 - 反乱軍技術者 - ローグ・ワン
同盟軍艦隊 艦隊司令部 - スターファイター司令部 - スターファイター隊 (グリーン中隊 - ゴールド中隊 - コロナ中隊 - ティアフォン・イエロー・エース - フェニックス中隊 - ブルー中隊 - ブレード中隊 - レッド中隊 - ローグ中隊) - 反乱軍パイロット
同盟軍地上部隊 トルーパー - 哨兵 - マークスマン - ヴァンガード - 重装兵士 - トワイライト中隊
主なビークル Aウイング - Bウイング - Uウイング - Xウイング - Yウイング - CR90コルベット - GR-75中型輸送船 - MC75スター・クルーザー - MC80スター・クルーザー - スキー・スピーダー - スノースピーダー - ネビュロンB - ハンマーヘッド・コルベット - ブラハトック級ガンシップ
活動拠点 チョッパー基地 (アトロン) - ダントゥイン基地 (ダントゥイン) - ベース・ワン (ヤヴィン4) - マコ=タ宇宙ドック - エコー基地 (ホス) - 5251977 - クレイト前哨基地 (クレイト) - 燃料補給基地 (ヴロガス・ヴァス) - ホーム・ワン
その他 初期反乱運動 - 銀河内戦 - 反乱宣言 - 反乱同盟スターバード - 新共和国
[テンプレート]
新共和国防衛軍
組織 新共和国軍最高司令部 - 新共和国軍将校 - 新共和国アカデミー
新共和国防衛艦隊
組織 艦隊司令部 - 艦隊情報部 - デジタル戦術部門 - 新共和国軍パイロット
艦隊 本国艦隊 - テイラス隊 - テンペランス戦闘群 - ナディリ艦隊
スターファイター隊 スターファイター司令部 - 77中隊 - アルファベット中隊 - アンヴィル中隊 - ブレード中隊 - コンボイズ・カレッジ - コロナ中隊 - ゴールド中隊 - グリーン中隊 - ヘイル中隊 - ハウンド中隊 - オレンジ中隊 - ファントム中隊 - フェニックス中隊 - ピンク中隊 - プレシジョン・エア・チーム - レッド中隊 - レーピア中隊 - ライオット中隊 - ローグ中隊 - サンクチュアリ中隊 - シェパード中隊 - シロッコ中隊 - スコール中隊 - スターバード中隊 - ティアフォン・イエロー・エース - ヴァンガード中隊 - メテオ中隊 - 名称不明
主な軍艦 スターホーク級バトルシップ・マークI, マークII - MC75スター・クルーザー - MC85スター・クルーザー - CR90コルベット - EF76ネビュロンBエスコート・フリゲート - ネビュロンCエスコート・フリゲート - GR-75中型輸送船
主な戦闘機 A/SF-01 Bウイング - BTL-A4 Yウイング - RZ-1 Aウイング - RZ-2 Aウイング - T-47エアスピーダー - T-65B Xウイング - T-65C-A2 Xウイング - T-70 Xウイング - T-85 Xウイング - Vウイング - Uウイング
新共和国地上軍
部隊 新共和国軍兵士 - 第61機動歩兵隊
[テンプレート]
他言語版
Advertisement