Fandom


「あそこに頭のでかいのがいるだろ? 赤いシャツに、派手な銃、横に出っぱりのある赤いヘルメットをかぶったやつだ。あいつらの行く先もアウター・リムだ。船ではたらくと言えば、ただで乗せてくれるだろう」
フィンに対し、マズ・カナタ[出典]

サイドン・イサノ(Sidon Ithano)はデルフィディアン男性で、銀河内戦の数十後にアウター・リム・テリトリーで活動した海賊緋色の海賊(Crimson Corsair)、血のバッカニア(Blood Buccaneer)、赤い襲撃者(Red Raider)等、さまざまなニックネームで知られた。特徴的な赤いカリーシュのマスクを身に着けていたイサノは、領域一と名高い海賊団を率いていた。イサノの海賊団はクローン戦争期に分離主義勢力が使用した宇宙船を発見し、かつてドゥークー伯爵が所有した貴重なカイバー・クリスタルが手に入れられると踏んで略奪を働いた。しかし彼らが発見したのは、仮死状態で冷凍保存されていたキックスという名の銀河共和国クローン・トルーパーと、忘れ去られた旧分離主義勢力の基地の位置情報だった。

エンドアの戦いの30年後、イサノは一等航海士クウィゴルドと共に惑星タコダナにある海賊マズ・カナタを訪れていた。カナタはアウター・リムへ逃げる手段を探していたファースト・オーダーの脱走兵フィンにイサノたちを紹介した。イサノはこの元ストームトルーパーを船に乗せることに同意したが、出発の直前になってタコダナの戦いが始まり、結局フィンはイサノではなくレジスタンスの仲間たちと行動を共にすることになった。

制作の舞台裏

このキャラクターのビジュアルは2015年5月4日に発売されたヴァニティ・フェア誌で紹介された。同誌の記事にはイサノを含むマズ・カナタの城のキャラクターたちの集合写真が掲載された。その後、イサノはランドリー・Q・ウォーカーの短篇小説『The Crimson Corsair and the Lost Treasure of Count Dooku』で初登場を果たし、映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』にも出演した。

登場エピソード

参考資料

脚注


特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。