Fandom


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

「それにしてもこれは…大したものだわ」
「うむ…退廃を好むならばそうとも言えよう」
アフラダース・ヴェイダー[出典]

帝国時代アウター・リム・テリトリー星雲内にドクターサイロ研究基地があった。研究施設は極めて巨大な宇宙浮遊クリーチャーの肉体に組み込まれていた。サイロは銀河帝国ダース・シディアスのために働く秘密エージェントで、研究基地内の施設でサイボーグの戦士を育成していた。皇帝はサイロの戦士を自身の弟子ダース・ヴェイダーの代替要員として準備させていた。

特徴

サイロの研究基地には兵舎や「道場」と呼ばれる設備があり、モリトアイオリン・アスタルテテュロン・ヴォイドゲイザーカービン中佐らの戦闘訓練が行われていた。

歴史

ヤヴィンの戦いの直後、ドクター・サイロの存在を知ったヴェイダーは、皇帝の計画を突き止めるため賞金稼ぎブラック・クルルサンタンを雇った。サイロIVはクルルサンタンに捕えられ、0-0-0拷問を受けて研究基地の場所や皇帝の計画を明かした。研究基地を訪れたヴェイダーは、サイロVや皇帝の見ている前でサイボーグ戦士と戦うことになった。

登場エピソード

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。