Fandom


サイ・ビスティ語(Sy Bisti)は銀河系未知領域で使われていた貿易言語である。ミスローニュルオドをはじめとする一部のチスが使用した。また人間イーライ・ヴァントも、両親が未知領域で商売をすることがあったためサイ・ビスティが達者で、きわめて明快で役に立つ言語だと考えていた。[1]

銀河帝国時代、サイ・ビスティ語は未だ使われてはいたものの、話者はごくわずかになっており、帝国の通訳ドロイドでも訳すことができなかった。また、サイ・ビスティはボゴラン文字で書き表すことができた。[1]

知られているフレーズ

CaptiveThrawn

スローンのサイ・ビスティ語をヴォス・パーク通訳するイーライ・ヴァント

  • Binesu—"顕れる"
  • Esethimba—"オーラ"、"存在感"
  • Ezenti ophu ocengi—"装備とコムリンク"
  • Eqhuwa—"勇気"
  • Ezeboli hlusalu—"先制攻撃"
  • Gubudalu—"権利侵害"
  • Ngikotholu—"孤絶状態"
  • Nikhi—"にもかかわらず"
  • Ohuludwu—"モノフィラメント線"
  • Omseki—"事件現象"
  • Ubuphaka—"恩恵"
  • Xishu azwane—"追放"

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。