「艦船を送りこもう。ライト・クルーザー二機とゴールド中隊の支援を送り、様子をうかがうのだ。そうすれば、戦いが起こってもすぐに参戦できる」
―サフ・メロール[出典]

サフ・メロール(Saff Melor)はセレアン男性で、新共和国防衛艦隊に仕えたキャプテンである。4 ABYエンドアの戦いの直後、メロールは新共和国の上級将校たちによる会合に出席し、惑星アキヴァで起きている事件への対処について話し合った。メロールは強硬な軍事行動を取るべきだと主張したが、モン・モスマ議長は彼の意見を却下し、アキヴァで暮らす住民のために慎重な方法を選ぶべきだと語った。[1]

登場エピソード

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。