Fandom


「毎度毎度、銀河で最もおバカな連中を片付けたと思ったら、それを上回るバカが現れる」
―サポンザ[出典]

サポンザ(Saponza)は惑星タトゥイーン出身の人間男性で、銀河内戦の時代に活動した百戦錬磨の傭兵密輸業者。率直な物言いで知られた。宇宙船ストリックス>を傭兵の仕事に使用した。ヤヴィンの戦いの後、サポンザと彼の相棒はタトゥイーンの基地に戻ってビジネスを開始した。彼は傭兵としての活動に終止符を打ちたいと考えていたが、地元の犯罪王ジャバ・ザ・ハットとの抗争に巻きこまれることになった。結局、サポンザと彼の相棒は銀河内戦に参加することになり、銀河帝国共和国再建のための同盟のどちらに味方するか決断を迫られた。[1][2]

制作の舞台裏

サポンザは携帯ゲーム『スター・ウォーズ コマンダー』に登場するキャラクターである。主人公の相棒として、ゲームの操作方法をプレイヤーに教える。プレイヤーの選択次第で、サポンザの所属先も銀河帝国か反乱同盟軍のどちらかに決まる。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。