Fandom


サミュエル・トーマス・ギレスピー[1]Samuel Thomas Gillespee)はベテラン密輸業者であり、小さいながらも運送業を運営するリーダーであった。

経歴

ギレスピーは若い頃はケッセル・ランと呼ばれる危険な航路を短期間で航行したとして知られる、密輸業者だったが操縦は部下に任せていた。部下には給料を払ってくれる評判良いボスであったが、パイロットを騙し金を巻き上げるなど信用出来ない人物としても見られていた。しかし、彼が騙すのは自分を裏切る信用出来ない裏切り者だけであった。しかし、密輸組織を結成する彼の組織力は他の密輸業者から人目置かれていた。特にタロン・カードとは長年の付き合いで、互い協力し合い、信頼の出来る仲間であった。

ギレスピーは30年間密輸業を運営して来たが、密輸業引退した後、ギレスピーは惑星ユキオで森林業を営みそれで満足していた。しかし、スローン大提督率いる帝国軍残党がユキオを侵略した。ユキオが帝国に占領されるとギレスピーはユキオから何とか脱出し、その後ギレスピーは再び密輸業に復帰した。改造を重ねた古い愛機カーンズ・プライドに乗り、ギレスピーは密輸業を再結成するにあたり、かつての部下達を集め、20以上の宇宙船がギレスピーの元に集まった。仕事で惑星チャズワに向かう途中、偽装がばれて帝国に攻撃されるが、チャズワには友人のタロン・カードが居たので互いに協力し合い、帝国軍の攻撃からチャズワから何とか脱出に成功した。その後、惑星トローガンのカンティーナ(酒場)で密輸業仲間のタロン・カードやナイルズ・フェリアゼヘスブラ・ザ・クリンガンマジクブラスクパルタらと共に密輸業者による連合組織結成の為の会議が行われた。しかし、会議中にスローン大提督と手を組んだナイルズ・フェリアの罠に引っ掛かり、帝国軍に襲撃されてしまう。ギレスピーはカードら仲間の密輸業者と共に帝国軍と戦い、密輸業者の結束を強めた。後、タロン・カードが結成した密輸組織密輸業者同盟と共にスローン大提督率いる帝国と戦う為、ビルブリンギの戦いにも参加した。

登場エピソード

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ・ユニバース』のギレスピーの項目に基づく。
他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。