Fandom


サラスタン(Sullustan)は惑星サラスト出身のヒューマノイド知覚種族。大きなネズミのようなとたるんだ頬を特徴としていた。またソロスーブ社を設立したサラスタンは、優れた製造および科学技術、開発能力の持ち主でもあった。銀河内戦の時代、ナイン・ナンテン・ナムをはじめとするサラスタンが共和国再建のための同盟に加わり、銀河帝国と戦った。

生態と特徴

惑星サラスト出身のヒューマノイド知覚種族であるサラスタンは[2]、頬のまわりのたるんだ2枚の皮膚や、黒くきらめくネズミに似た丸いという大きな特徴を備えていた。[1] また彼らは背が低く[7]、ピンク色の肌と大きなを持っていた。[1] サラスタンは流暢で早口に聞こえるサラスティーズ語という独自の言語を持っていた。

社会と文化

母星であるサラストが性の高い火山の星であるため、サラスタンは地下に都市を築き、リフトやシャトルを使って行き来していた。サラスタンの人口の半分以上は、ドロイドセンサー、兵器、ビークルなどを造る先進的なテクノロジー製造企業であるソロスーブ社に勤務していた。サラスタンは技術開発や経済のエキスパートとして知られ、ソロスーブ社はその製品を全銀河系に向けて販売していた。[7]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。