Fandom


サリア(Ssaria)は人間女性で、惑星カステルを統治していた銀河帝国モフ皇帝シーヴ・パルパティーンの意志を徹底させようとした結果、サリアはカステルの住民から冷酷な指導者として恐れられていた。

経歴

銀河内戦の時代、人間女性サリアは銀河帝国に仕えていた。彼女はモフの地位に上り詰め、ホスの戦い以前にコロニーズ惑星カステル及びその宙域総督を務めていた。彼女は皇帝シーヴ・パルパティーンの意志を徹底させるため厳しい戦略を採った。一部のカステル住民は、サリアに「カステルの鬼」や「炎のモフ」といったニックネームを付けていた。

銀河内戦中、サリアはランド・カルリジアンと親密な関係にあった。ある日サリアの住居を訪れたカルリジアンは、室内の小さな装飾品を称賛し始めた。なぜその装飾品がそれほど気になるのかと尋ねられたカルリジアンは、借金返済のために盗むつもりだからだと答えた。サリアはカルリジアンにブラスター・ピストルを向けたが、彼は構わず話し続け、もし自分がこれを盗めば保安隊員が出動することになり、サリアの愛人の裏切りが世間に知れ渡ることになるだろうと語った。カルリジアンはベッドの上で言葉巧みにサリアを説得し、装飾品を頂戴して去っていった。その後、カルリジアンは装飾品を犯罪王パパ・トーレンに差し出した。

個性と特徴

サリアは人間の女性で、黒い髪を持ち、肌は白かった。彼女は両耳に大きなイヤリングをつけていた。皇帝に忠実なモフだったサリアは、自分自身を皇帝陛下の意志を遂行する道具と見なしていた。カステルの住民はモフのやり方が冷酷だと考えていたが、彼女は評判を気にも留めていなかった。

登場エピソード

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。