Fandom


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

サン・ヒル[1](San Hill)はクローン戦争中にインターギャラクティック銀行グループの会長を務めたムウン男性

グループの資産と軍事力とを独立星系連合へと提供する事を決意した。ヒルは典型的なムウンであり、大半を自分の家で過ごし、あらゆることを財政的な面からしか考えない性格だった。彼は独立星系連合の中でも強力なメンバーの1人であり、グリーヴァスの"創造"に関与している。また彼はクローン戦争中に分離主義評議会の一角を成し、死ぬまでその地位に留まっていた。

経歴

人物像

多くの有力IBCメンバーと同じくヒルについては殆ど何も分かっていない。メディアの前には滅多に顔を出さず、公での対応はほぼ情報副会長ロー・ヴァビートに任せていた。

背が高く青白い風貌は勤勉なムウンの典型と言えるであろう。風貌だけではなく思想、行動全てに至って、正にムウンのなかのムウンと呼んで差し支えない。

分離主義者危機

分離主義者達によって引き起こされた経済的混乱の際、インターギャラクティック銀行グループの上層部は多くの惑星の通貨を利用して大きな利潤を上げていた。サン・ヒルはテクノ・ユニオンの代表者ワット・タンボー、そしてコマース・ギルドの会頭シュ・マーイらと知己であった。

ヒルのインターギャラクティック銀行グループはヌート・ガンレイトレード・フェデレーションに次いで、独立星系連合を支持する経済組織で2番目の勢力を誇っていた。

連合加盟

San

ジオノーシスでのサン・ヒル

独立系星系連合誕生の元になる宣言が惑星ジオノーシスで署名された時、ヒルはドゥークー伯爵に招かれた。そこにはヒルに加えマイやタンボーやガンレイ、パッセル・アージェンテ、そして何人かの非人類の元老院議員らが招かれていた。これは将来の分離主義評議会となる面々であり、このミーティングは彼らが独立星系連合への正式な支持を約束する為のものであった。ヒルを含む参加者達は全員、その条約に調印する。ヒルは銀行グループのヘルファイア・ドロイド・タンクを分離主義者のドロイド軍に提供する事に同意した。

ムスタファーでの死

ドゥークー伯爵の死後、サン・ヒルら独立星系連合の重鎮達は、グリーヴァスから伝えられたダース・シディアスの命令で惑星ムスタファーの要塞へと向かう。そこにはシディアスの弟子ダース・ヴェイダーが送り込まれたが、ヴェイダーの目的は彼らの抹殺であった。自分の目標を達成したシディアスにとってヒルたちは既に用済みとなっていたのだ。ヒルはヴェイダーのライトセーバーで心臓を貫かれ死亡したのであった。

登場エピソード

参考資料

脚注


分離主義評議会
リーダー
ドゥークー · グリーヴァス · ヌート・ガンレイ
カウンシルのメンバー
サン・ヒル · シュ・マーイ · パッセル・アージェンテ · ポグル・ザ・レッサー
ポ・ヌードー · ワット・タンバー · ティッケス · ミラージュ・シンテル · ログワ・ウォドラータ
補佐官
エータイ · サン・ファーク · ルート・ガンネイ · ルーン・ハーコ · キャット・ミン · デナリア・キー
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。