FANDOM


サヴァリーン(Savareen)は銀河系アウター・リム・テリトリーに位置する惑星である。広大な海と砂の陸地が広がり、サヴァリアンと呼ばれる人間の住民が暮らしていた。10 BBYハン・ソロトバイアス・ベケットクルー惑星ケッセル強奪した未精製コアクシウムをサヴァリーンのビス精製所へ運んだ。

特徴

サヴァリーンは銀河系アウター・リム・テリトリーに属す[1] 海洋と砂地の惑星である。広大な海に囲まれた砂の陸地に、サヴァリアンと呼ばれるスピリチュアルな人間の住民が住んでいた。また、サヴァリーンはいかなる公的記録にも記されていない未認可の宇宙港、いわゆる“シャドウポート”として利用されていた。サヴァリーンのプナコティック・コーストにあるビス精製所は、惑星ケッセルから貴重な鉱物を運んできた密輸業者たちに秘密基地として利用されていた。[3]

歴史

10 BBY以前、クリムゾン・ドーンと呼ばれる犯罪シンジケートがサヴァリーンにやってきた。サヴァリーンの住民たちは抵抗を試みたが、その結果シンジケートによってを切り落とされてしまった。[2]

10 BBY、惑星ケッセルスパイス鉱山パイク・シンジケートが管理する未精製コアクシウム強奪することに成功した後、ハン・ソロトバイアス・ベケットクルーYT-1300軽貨物船ミレニアム・ファルコン>でサヴァリーンのビス精製所へ旅した。彼らはコアクシウムを精製してクリムゾン・ドーンに差し出す予定だったが、エンフィス・ネスト率いるクラウド=ライダーズがクルーの行く手を阻んだ。その際、<ファルコン>の持ち主であるランド・カルリジアンはベケットたちを見捨てて船とともに消えてしまった。しかしネストはクルーを攻撃せず、サヴァリーンの住民とクリムゾン・ドーンの過去を話して、コアクシウムは犯罪組織に渡すのではなく反乱運動に役立てるべきだと訴えた。ハンはネストに協力することに決め、キーラとともにクリムゾン・ドーンの首領ドライデン・ヴォスを出し抜く作戦に着手した。[2]

サヴァリーンに寄港した<ファースト・ライト>でヴォスと対面した際、ハンとキーラはベケットの裏切りに遭ったが、2人はこの事態を想定していた。ベケットがチューバッカを人質に取り、コアクシウムを持って逃げ出した後、キーラは一対一の対決でヴォスを殺害する。一方、精製所の村ではクラウド=ライダーズがヴォスの部下のハイロボン・エンフォーサーたちを待ち伏せし、勝利を収めた。その後ハンは海岸でベケットに追いつき、再び裏切られる前にブラスター・ピストルで彼を撃ち殺した。戦いが終わると、ハンとチューバッカはコアクシウムをネストに引き渡したが、反乱運動への参加は拒否した。また、<ファースト・ライト>に残ったキーラはそのままハンとチューバッカを残してサヴァリーンを去り、ダソミアへ向かった。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版