サヴァリーンの決戦(Showdown on Savareen)は10 BBYに犯罪組織クリムゾン・ドーントバイアス・ベケットクルークラウド=ライダーズ惑星サヴァリーンで繰り広げた小規模な戦闘である。エンフィス・ネスト率いるクラウド=ライダーズは、ベケットのクルーがケッセルから運んできたコアクシウムを奪って反乱運動の大義に役立てたいと考えていた。ベケットの仲間のハン・ソロはネストの話を聞いて彼女たちに協力することに決め、ケッセルの任務の依頼主であるクリムゾン・ドーンの首領ドライデン・ヴォスを出し抜く作戦を立てた。作戦を聞いたベケットはハンを見捨てて自分だけ報酬を手に入れようとしたが、ハンとキーラは彼の裏切りを想定に入れていた。

ベケットの情報に基づき、ヴォスはエイモン・グレム隊長率いるハイロボン・エンフォーサーをクラウド=レイダーズのもとへ派遣した。しかしネストはハンの作戦通りヴォスの部下を待ち伏せすることに成功した。一方クリムゾン・ドーンの拠点<ファースト・ライト>では、ベケットがヴォスの護衛を殺し、チューバッカを人質にとってコアクシウムを持ち逃げした。キーラがヴォスを殺した後、ハンは彼女と後で合流することを約束してベケットを追い、一対一の対決に臨んだ。ハンは誰も信用してはならないというベケット本人の教えを忠実に守り、再び裏切られる前に彼を撃ち殺した。コアクシウムは無事にネストの手に渡り、反乱運動に役立てられることになった。一方、キーラはハンとチューバッカをサヴァリーンに残し、クリムゾン・ドーンの影の指導者モールの待つダソミアへ去った。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。