Fandom


サーマル・アナイアレイター爆弾(Thermal annihilator bomb)は遠距離から起爆することができる爆弾である。アンテナも含めてクローン・トルーパーの背丈ほどの高さがあり、正面パネルを外せば内部の機構を見ることができた。中型の建物を破壊するのに十分な破壊力を持ち、ザイゲリアンダーツ・ドナー司令官キロスの戦い銀河共和国に降伏を迫るための道具としてサーマル・アナイアレイター爆弾を利用した。ドナーはキロスアーティザン・コロニーにいくつも爆弾を仕掛けていたが、アナキン・スカイウォーカーアソーカ・タノが全ての爆弾を解除したため、計画は水の泡となった。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。