FANDOM


「ザイゲリアは最近の人気スポットみたいですね」
「連中の商売が魅力なんだろう。富裕層のクズにはな」
アナキン・スカイウォーカーオビ=ワン・ケノービ[出典]

ザイゲリア(Zygerria)は銀河系アウター・リム・テリトリーに属す惑星である。ザイゲリアン種族母星で、吹きさらしの平原にメサが点在し、その上に都市が築かれていた。ザイゲリアンは強大な奴隷帝国を支配し、惑星ザイゲリアは何千年にもわたって銀河系各地に奴隷労働力を提供していた。

特徴

アウター・リム・テリトリー惑星[1] ザイゲリアの地表には平原やメサ、高地が広がり、呼吸可能な大気が存在した。この惑星に起源を持つザイゲリアン種族はメサの頂上部に要塞化された都市を築いた。また、ザイゲリアにはブリザックと呼ばれる固有動物が生息していた。ブリザックは大きな翼で風の流れを捕らえ、ビュート(切り立った丘)から別のビュートへと容易に移動することができた。[5]

歴史

ザイゲリアン種族は強大な奴隷帝国を支配し、弱者を搾取して富と権力を手に入れた。惑星ザイゲリアは何千にもわたって奴隷の供給源として栄華を極めたが、ジェダイ・ナイトが奴隷貿易を取り締まったため彼らの繁栄に終止符が打たれた。奴隷帝国が築いたみごとな要塞や奴隷市場は破壊されずに残ったが、その輝きはしだいに失われていった。[5]

銀河共和国時代の末期、一部のザイゲリアンが奴隷帝国の再建を試み[5]、ザイゲリアに再びさまざまな犯罪勢力が集まるようになった。クローン戦争中の20 BBY、奴隷帝国はザイゲリアのミラージュ・シンテル女王のもとで勢いを取り戻す。シンテルは独立星系連合ドゥークー伯爵とも手を結び、銀河系の各地から大勢の奴隷を集めた。キロストグルータの植民者を誘拐した際、ザイゲリアンは再びジェダイに目をつけられ、アナキン・スカイウォーカーオビ=ワン・ケノービアソーカ・タノがザイゲリアへやってきた。スカイウォーカーに惹かれたシンテル女王はアタイ・モレック首相の裏切りで命を落とし、ジェダイはザイゲリアから逃げ出してカダーヴォに囚われていたトグルータの植民者たちを救出した。[4]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。