Fandom


ザック・ザズ(Zak Zaz)は人間男性で、クローン戦争の時代に惑星マンダロア首都サンダーリにある病院で働いていたドクターである。21 BBYサンダーリの学校に通う大勢の子どもが原因不明の中毒症状にかかった際、ドクター・ザズは病院で対応にあたった。その後ザズは新マンダロリアン政府のリーダーであるサティーン・クライズ公爵に同伴して学校の調査に赴き、スレイビンが混入された飲み物が病気の原因であることを突き止めた。

経歴

人間男性、ザック・ザズはアウター・リム・テリトリー惑星マンダロアに住んでいた新マンダロリアン市民で、銀河共和国時代の末期に首都サンダーリ医師として働いていた。クローン戦争中の21 BBY、ザズは開院したばかりのサンダーリの病院に配属された。[1]

DrZazDiscovery-Corruption

中毒の原因を特定したザズ

この頃、マンダロアは新マンダロリアンを率いるサティーン・クライズ女公爵が中立主義を掲げたために外部との交易を絶たれ、食料などの物資不足に悩まされていた。その結果闇市場の業者がマンダロアに流入し、政府官僚にまで汚職や腐敗が蔓延した。そんな中、ムーガン密輸組織が運んできたアーディース・ビバレッジティーを飲んだ子どもたちが集団中毒にかかった。ザズは開院直後の病院で対応に当たったが、なぜ突然子どもたちが一斉に病気になったのか、原因を突き止めることができなかった。[1]

ザズはこの日偶然病院の視察にやってきたクライズ公爵やパドメ・アミダラ元老院議員に、病気の原因を特定しないことには有効な処置を見つけることもできないと説明し、子どもたちが通う学校の調査に同行した。学校の校長はドクターやクライズ、アミダラを食堂へ案内し、学校で提供している食べ物はすべてクリーンだと語った。しかしアミダラは学校が仕入れているアーディース・ビバレッジのボトル飲料に目をつけ、ザズがその中身を調査したところ、人体に悪影響が出る量のスレイビンが混じっていることがわかった。校長は闇市場から飲み物を仕入れていたことを白状し、その後クライズたちによってムーガンの密輸組織の活動に終止符が打たれた。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。