Wookieepedia
Advertisement
Wookieepedia

チアルート・イムウェはスカリフの戦いでザマ=シウォの技を使った

ザマ=シウォ(Zama-shiwo)は衛星ジェダに起源を持つ武術である。[1] 外に向かう手の、内に向かう目(The inward eye of the outward hand)としても知られる。[2] 伝えられるところによれば、ザマ=シウォの習得者は心拍数と酸素の摂取量を意のままにして、神通力に近い力を得ることがでいるという。[3]

ウィルズの守護者チアルート・イムウェはザマ=シウォのマスターであり、クローン戦争終結前に家族とともにジェダ・シティに移り住んできたローディアンステイアから教えを請われた。この武術に魅せられたステイアは、数年間にわたって毎朝カイバーの寺院の前でチアルートからザマ=シウォを教わった。[1] スカリフの戦いのさなか、チアルートは銃撃の中をかいくぐってシタデル・タワーのマスター・スイッチにたどり着くため、ザマ=シウォの技を使って呼吸と鼓動を祈りに調和させた。[4]

制作の舞台裏

ザマ=シウォは2016年12月1日に発売されたアレクサンダー・フリードによる『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の小説版で初登場を果たした。[4]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
Advertisement