Fandom


ザル・ディネス(Zal Dinnes)は人間女性で、共和国再建のための同盟に仕えたスターファイターパイロットである。もともとティアフォン・イエロー・エース中隊に所属していたが、ティアフォン発進基地帝国軍の襲撃を受けた後、ヤヴィン4レッド中隊に配置換えとなった。

経歴

人間女性、ザル・ディネスは反乱同盟スターファイター隊パイロットとして銀河帝国と戦った。0 BBY以前、彼女はティアフォン発進基地に拠点を置くティアフォン・イエロー・エース中隊に所属していた。しかしこの帝国軍のパトロール部隊が発進基地を侵略し、イエロー・エースは解散を余儀なくされる。隊員たちは各地の前哨基地に散らばり、ディネスとウイングメイトのジェック・トーノ・ポーキンスロビック・ダグシンヴァンゴス・グレック衛星ヤヴィン4ベース・ワンに再配属された。ディネスとポーキンスはXウイングから成るレッド中隊のメンバーとなる。

帝国の新型超兵器デス・スターの存在が明らかになった後、惑星スカリフデス・スター設計図をめぐる戦いが発生した。ディネスは“レッド8”としてベース・ワンから出撃し、ラダス提督率いる同盟軍艦隊の一員としてスカリフ上空に駆け付ける。彼女たちは惑星軌道に浮かぶシールド・ゲートの外で帝国艦隊と交戦した。

個性と特徴

ザル・ディネスは他の反乱軍パイロットと同じオレンジフライト・スーツを着用した。彼女の赤いヘルメットには、黄色い丸に“V”の文字が入った撃墜マークが複数描かれていた。この模様1つが敵戦闘機の撃墜数20を表していた。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。