FANDOM


Atticon

この記事の題名はニックネームやコールサイン、別名、偽名です。

この記事は正式名称が明らかになっていない事柄を扱っています。

「誰に会うと?」
「最終目的は、“ザ・ドラゴン”として知られる武器商人です。この付近で強力な爆発物を調達するなら、必ず彼を通す事になるでしょうから」
―ダース・ヴェイダーとサノス監査官[出典]

ザ・ドラゴン(The Dragon)は銀河内戦期に惑星アンサン・プライムで活動した有名な武器商人の通り名。オートラン種族男性ヤヴィンの戦いの後、ザ・ドラゴンは盗賊考古学者ドクターチェリ・ローナ・アフラに強力な爆発物を売った。この爆発物は銀河帝国軽クルーザー襲撃に用いられ、サノス監査官ダース・ヴェイダーが捜査のためアンサン・プライムに出向くことになった。2人はザ・ドラゴンのもとで働くノートランの売人ドーワンからボスのアジトの場所を聞き出し、ストームトルーパーを率いて押しかけた。ザ・ドラゴンは大人しく降伏したが、アフラとの関係をサノスに隠していたヴェイダーは、余計なことを喋られる前に武器商人の息の根を止めた。サノスはザ・ドラゴンのデータをもとにジ・アンティと名乗る情報ブローカーの存在を突き止めたが、ヴェイダーはこちらも事故を装って口を封じ、自分の秘密の計画を隠し通した。

登場エピソード

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。