Fandom


「生きている限り、必ず選択肢はある」
―シア・ジュンダ[出典]

シア・ジュンダ(Cere Junda)は人間女性で、オーダー66を生き延びたジェダイ・ナイトである。銀河共和国時代、シアはジェダイ・マスターイーノ・コルドヴァパダワンとしてフォース訓練を積み、一人前のジェダイとなった後、トリラ・スドゥリを自らの弟子とした。また彼女はジェダイのシーカーとして、銀河系の各地からフォース感応能力を備えた幼児を見つけ出し、ジェダイ候補生として連れ帰る仕事を任されていた。クローン戦争終結時、シアとトリラはジェダイの粛清の最初の攻撃を生き残った。シアは弟子を逃がすため1人で敵と戦ったが、銀河帝国の捕虜となり、過酷な拷問に耐えきれずトリラの居場所を吐いてしまった。トリラは師匠に裏切られた悲痛と拷問でフォースのダークサイドに堕ち、尋問官“セカンド・シスター”となってしまった。シアは弟子を堕落させてしまったことに絶望し、ダークサイドの力を使って帝国から逃亡した。それ以来、彼女は自分のしでかしたことに恐怖し、フォースとの絆を自ら絶った。[2]

もはやジェダイでは無くなったシアだったが、ヨットスティンガー・マンティス>のグリーズ・ドリタス船長仲間になり、ジェダイ・オーダー再建の旅を開始した。14 BBY、彼女たちはブラッカでパダワン・カル・ケスティス救い、幼いフォース感応者のリストを記録したホロクロンを求めて各地の惑星を旅した。コルドヴァがホロクロンへの手がかりとして残したドロイドBD-1や、ナイトシスターメリンもシアのクルーに加わった。カルはシアがセカンド・シスターとの過去を黙っていたことに当初は不信感を抱いていたが、やがてシアが経験した苦痛に理解を示した。シアもまた再びジェダイとして戦うことを決意し、カルにジェダイ・ナイトの地位を授け、惑星ナー要塞でセカンド・シスターと戦った。シアはシスターをライトサイドへ引き戻そうとしたが、彼女はシス卿ダース・ヴェイダーに殺されてしまった。シアとカルは命からがら要塞から脱出したが、カルはこれ以上帝国に追われる者を増やすまいと、手に入れたホロクロンを破壊した。[2]

制作の舞台裏

シア・ジュンダは2019年11月15日発売のゲーム『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』のために造られたキャラクターである。女優はデブラ・ウィルソン[3] ゲーム発売に先立ち、コミックスター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダー ダーク・テンプル』で初登場を果たした。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

関連項目

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。