Fandom


BorkusThreatensGascon-AIM

サラスタンのシェフ、ボーカス

シェフ(Chef)、あるいはコック(Cook)とは食べ物の料理を専門とする人物、職業である。シェフはレストランなどの食堂施設で不特定多数の客のために働くこともあれば、特定の主人のために専属で料理をすることもあった。また第3級ドロイドに分類されるコック・ドロイド知覚種族のシェフに代わって料理をすることもあった。また地位の高い料理人に主任シェフ(Chief chef)やヘッド・シェフ(Head chef)などの肩書が与えられることがあった。

歴史

Dex in the kitchen

キッチンに立つデクスター・ジェットスター

22 BBY当時、ベサリスクデクスター・ジェットスター銀河共和国首都惑星であるコルサントココ・タウンデックス・ダイナーという食堂を経営していた。ジェットスターはこの店の主人であると同時にシェフでもあり、銀河系情勢などどこ吹く風で、店の常連のためにうまい食事を作ることに専念していた。[1]

クローン戦争の時代、サラスタンの料理人ボーカスは惑星ポンズ・オーラパワー・スライダーズという名の食堂を経営していた。ボーカスは記憶喪失に陥ったクローン・コマンドーCC-5576-39(グレガー)を皿洗いとして働かせていたが、グレガーは20 BBYD分隊と遭遇して記憶を取り戻し、ボーカスのもとを去った。[2]

人間ポーセラス犯罪王ジャバ・ザ・ハット宮殿主任シェフとして働いていた。ジャバが4 ABYに死んだ後、ポーセラスはビーストマスターマラキリと組んで、モス・アイズリー宇宙港クリスタル・ムーン・レストランを開いた。[3]

“クッキー”の異名で知られるアーティオダックストロノ・タッグズは、惑星タコダナにあるマズ・カナタで何世紀にも渡って料理人として働き、ヘッド・シェフを務めていた。34 ABYファースト・オーダー攻撃でマズの城が破壊された後、タッグズは輸送船を使って移動レストランを開店し、自分自身の店を持つという長年の夢を叶えた。[4]

登場エピソード

参考資料

脚注

外部リンク

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。