Fandom


「おじさん、パパそっくり」
レックスに対し、シェーア・ロクウェイン[出典]

シェーア・ロクウェイン(Shaeeah Lawquane)は人間トワイレック混血で、スー・ロクウェインの娘である。ジェックという名の弟がいた。クローン戦争中、シェーアは母親と弟、義父のカット・ロクウェインとともにサルーカマイに住んでいた。

経歴

21 BBYに発生したサルーカマイの戦いのさなか、ロクウェイン家は戦闘で負傷したクローン・キャプテンレックスを一晩に泊めた。その夜、弟とともに農場で遊んでいたシェーアは独立星系連合脱出ポッドを発見し、中にいたドロイド・コマンドーを起動させてしまう。しかし元クローン・トルーパーのカットはレックスと協力してドロイドを撃退し、家族の安全を守った。[1]

制作の舞台裏

ルーカスフィルム ストーリー・グループパブロ・ヒダルゴは、シェーアとジェックは人間とトワイレックの混血だが、父親はカット・ロクウェインではないと明言している。[2]

登場エピソード

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 TCW mini logo クローン・ウォーズ逃亡者
  2. 2.0 2.1 TwitterLogo @pablohidalgoパブロ・ヒダルゴ) - Twitter. “They're not Cut's children, biologically, but they did have a human father. [...] It wasn't said, but it was part of their character design.” スクリーンショット
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。